コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェビシェフ チェビシェフChebyshev, Pafnutii L'vovich

6件 の用語解説(チェビシェフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェビシェフ
チェビシェフ
Chebyshev, Pafnutii L'vovich

[生]1821.5.16. オカトボ
[没]1894.12.8. ペテルブルグ
ロシアの数学者。 1832年,一家がモスクワに移住したので,中等教育家庭教師によって受ける。彼に数学を教えた P.N.ポゴレルスキーは,当時のモスクワでは名の知られた教師であったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チェビシェフ(Pafnutiy L'vovich Chebïshev)

[1821~1894]ロシアの数学者。解析的数論の創始者の一人で、確率論・関数近似論などの分野で業績を残した。チェビシェフ多項式チェビシェフの不等式は有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

チェビシェフ

ロシアの数学者。1847年ペテルブルグ大学教授。整数論,確率論,解析学などを研究。チェビシェフの多項式,素数の分布に関するチェビシェフの関数,統計のチェビシェフの不等式などを発見。
→関連項目数値積分

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェビシェフ【Pafnutii L’vovich Chebyshev】

1821‐94
ロシアの数学者。ペテルブルグ大学教授。1841年モスクワ大学を卒業。43年以後,多重積分テーラー級数など解析学における研究成果を発表した。47年よりペテルブルグ大学で代数学および数論の講義を始め,また素数分布についての研究を行い業績をあげた。49年数論の研究で学位を取得。50年代には,関数の近似について大きな貢献をしたが,そこに現れたチェビシェフの多項式は有名である。彼はまた代数関数の積分法においても多くの成果を得ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チェビシェフ【Pafnutii L'vovich Chebyshev】

1821~1894) ロシアの数学者。関数の近似におけるチェビシェフの多項式、確率論におけるチェビシェフの不等式で知られる。解析学・数論にも業績を残すが、大数の法則の一般化など確率論への寄与が大きい。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェビシェフ
ちぇびしぇふ
Пафнутий Львович Чебышев Pafnutiy L'vovich Chebshev
(1821―1894)

ロシアの数学者。貴族の出身で、幼時から家庭教師につき、フランス語を得意としていた。1841年モスクワ大学を卒業し、「方程式の根の計算」という研究発表で銀メダルを受けた。1846年修士の学位をとってペテルブルグ大学に移り、ここで一生を過ごした。1849年合同論についての博士論文を発表した。このなかでπ(x)をxより小さい素数の個数としたとき、不等式

が成立することを示した。1850年には「ベルトランの予想」、つまり「nが3より大きい自然数のとき、nと2n-2の間に素数が存在する」を証明した。いずれの証明にも解析学を用いており、解析的数論の創始者の一人になった。1860年代になって確率論の研究をはじめ、チェビシェフの不等式や中心極限定理を出し、確率論でのペテルブルグ学派をつくった。また工学的な機械をつくる過程でチェビシェフの多項式を発見し、現在の最良近似論の基礎を確立した。[井関清志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チェビシェフの関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術教養小説アイスランド火山噴火千葉ののり長久保赤水

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone