コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャイルド・ハロルドの遍歴 チャイルドハロルドのへんれきChilde Harold’s Pilgrimage

世界大百科事典 第2版の解説

チャイルドハロルドのへんれき【チャイルド・ハロルドの遍歴 Childe Harold’s Pilgrimage】

イギリスの詩人バイロンの物語詩。全4巻。1812‐18年刊。1,2巻(1812)は,人生の快楽にあきた貴公子が〈いやされぬ心の傷〉を抱いて地中海諸国をさまよい,異国風光と歴史にふれてつづった放浪詩である。憂愁の美あふれるこの詩集で,バイロンは一夜ヨーロッパの知名詩人となった。しかし妻との離別のあと永久にイギリスを離れた詩人の遍歴の3,4巻(1816,18)は,いっそう奥深い真実の魂の叫びを伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のチャイルド・ハロルドの遍歴の言及

【アリー・パシャ】より

…しかし,彼は支配権を確立する過程で,この地方のギリシア人,アルバニア人を圧迫し,また当時強力に中央集権化を進めていたオスマン帝国のマフムト2世の政策と対立したため,フルシト・パシャを総司令官とするオスマン軍団に攻められて戦死した。晩年,国際的にその名を知られた彼の“東洋的”な生活ぶりは,イオアニナを訪れたバイロンの出世作《チャイルド・ハロルドの遍歴》に主題の一つを提供した。彼の死後に残された200以上の農場(チフトリキ)を含む莫大な遺産は,オスマン王家に没収された。…

【バイロン】より

…同年,2年にわたる地中海諸国への旅に出発。その成果は,一夜にして彼を文壇のアイドルにした《チャイルド・ハロルドの遍歴》第1,2巻(1812)の出版だった。当時のペシミズムの風潮を象徴する憂鬱な貴公子のデビューは衝撃的だった。…

※「チャイルド・ハロルドの遍歴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャイルド・ハロルドの遍歴の関連キーワードイタリアのハロルド海洋文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android