コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャツネ チャツネchutney

翻訳|chutney

6件 の用語解説(チャツネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チャツネ(chutney)

ヒンディー語から》マンゴーなどの果実に香辛料・砂糖・酢などを加えてジャム状に煮たもの。インド料理の薬味やソースとする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

チャツネ

インド特産の漬物。東インド原産で名称はヒンディー語から。インドではカレーの薬味として欠かせないマンゴーを主体に,レーズンショウガトウガラシタマリンド,ライムジュース,各種のスパイスなどを漬け込んだもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

チャツネ【(ヒンディー)】

インド料理で用いるペースト状の薬味。マンゴーなどの果物やたまねぎ・トマトなどの野菜に酢・砂糖・種々の香辛料を加えてジャムのように煮詰めたものなどがある。カレーのつけ合わせにするほか、チャパティサモサにつけて食べたりする。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャツネ

インド料理用の薬味。正しくはチャトニーcaṭnīと呼ぶ。野菜,果物,香草などを刻み,酢,砂糖,香辛料で煮つめたジャム状の保存用のものと,生の材料をスライスしたり,すりつぶしたりしたものに,レモンや塩,タマリンド,グリーンチリその他の香辛料で味つけしただけのフレッシュチャツネの2種類がある。前者にはトマト,マンゴー,後者にはミントココナッツコリアンダーの葉などが好んで使われる。【辛島 貴子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チャツネ【catnī】

インド料理で用いる薬味。マンゴーなどを酢・砂糖・香辛料で煮つめたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャツネ
ちゃつね
chutney

ヒンディー語のchatniに由来するインドの保存食。カレー料理の薬味としても欠かせない。各種のフルーツにコリアンダーなどの香草、トマトや青トウガラシなどの野菜類を刻むか、すりつぶすかして、酢、砂糖、スパイスとともに煮込む。本来は家庭でつくられるもので、材料の組合せは多数あり、味も甘口、辛口自由自在である。市販の瓶詰のマンゴーチャツネはとくにカレーの薬味として重宝だが、欧米ではそれ以外の材料でできたものを冷たい肉料理の薬味に利用、日本では福神漬けで代用している。[碧海酉癸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチャツネの言及

【カレー】より

…夏目漱石の《三四郎》にも1皿60銭で登場するが,最近の調査では,最もひんぱんに作られる家庭料理の筆頭になった。インドで出される甘酢っぱいチャツネ(果実などの香辛料煮)のかわりに福神漬やラッキョウをつけ合わせて,みごとに日本の味になっているといえよう。カレー粉の消費量も,本場インドについで,世界第2位といわれる。…

【漬物】より

…保存漬は貯蔵を目的とする漬物本来のもので,とくに長く貯蔵されたものは古漬,ひね漬とも呼ぶ。外国の漬物では朝鮮のキムチ,中国のザーサイ,インドのチャツネ,欧米のピクルスザウアークラウトなどが知られている。
【日本の漬物】
 記録上は天平年間(729‐749)の木簡に見えるウリ,アオナなどの塩漬が古く,以後平安期まで塩漬のほかに醬(ひしお)漬,未醬漬,糟(かす)漬,酢漬,酢糟漬,甘漬,葅(にらぎ),須須保利(すずほり),荏裹(えづつみ)などの種類が見られる。…

※「チャツネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャツネの関連情報