コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チラシ チラシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チラシ

日本音楽,舞踊用語。 (1) 歌舞伎舞踊およびその三味線曲の終曲部分。段切れの前にあってテンポが速く動きの激しい高潮した部分。囃子があれば,大小鼓がにぎやかに奏される。 (2) 地歌箏曲。 (a) 三味線組歌の破手組などの終曲部分。6歌あるものでは,5歌目からの曲調が変る部分などをいう。 (b) 手事物手事後奏。手事の気分を散らして次の歌にかかるつなぎとなる部分。テンポが速く,旋律的特色はあまりない。手事の二を「中チラシ」というときには,そのあとの後奏は「本チラシ」,「手事」が2回以上あるとき,最終の「手事」の「本チラシ」は「後ヂラシ」などという。また,手事の前奏は「マクラ」というが,そのチラシ的性格をもつものを「前ヂラシ」ということがある。 (3) 民俗芸能。陸前法印神楽の鉾 (ほこ) の舞や剣舞などにおける動きの型。また,山伏神楽の仏供養の墓獅子につけられる後歌を「チラシ歌」ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チラシの関連キーワードBack to Schoolどう計算しても原発は高い!オキュパント・メーリングシュフー チラシアプリジョンマイケルラポートページレイアウトソフトゲンダイエージェンシー刷り上げる・刷上げるチラシミュージアム京橋エイジェンシーサブリナハンターフリー・ペーパーインセンティブケロファミリーアリスラポート共立アイコム折り込み広告福博綜合印刷おりがみ工場インサイト

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チラシの関連情報