コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デービソン デービソン Davison, Henry Pomeroy

4件 の用語解説(デービソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デービソン
デービソン
Davison, Henry Pomeroy

[生]1867.6.13. ペンシルバニア,トロイ
[没]1922.5.6.
アメリカ合衆国の銀行家。1891年アスター・プレース・バンクに入行し,出納係をふりだしに同行の頭取に昇進。1899~1902年リバティ・ナショナル・バンク頭取を務め,1902年ファースト・ナショナル・バンク副頭取に選ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デービソン
デービソン
Davison, John Carrol

[生]1843
[没]1928
アメリカメソジスト監督教会宣教師。 1873年に来日して長崎に美以教会を創立した。活水女学校カプリ英和学校 (鎮西学院) の創立に尽力。 74年には『賛美のうた』,次いで『賛美歌』 (1877,78) ,『基督教聖歌集』 (84,最初の譜付賛美歌) を出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デービソン
デービソン
Davison, William

[生]1541頃
[没]1608.12.24. ステプニー
イギリスの外交官,政治家。 1575年オランダ駐在官,83年スコットランド駐在官を経て,86年枢密顧問官国務大臣となる。翌年メアリー・スチュアート処刑の際,女王の許可なく彼女の死刑執行令状を発給したとしてエリザベス1世の怒りを買い,投獄され罰金を科せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デービソン
デービソン
Davisson, Clinton Joseph

[生]1881.10.22. イリノイブルーミントン
[没]1958.2.1. バージニアシャーロッツビル
アメリカの物理学者シカゴ大学卒業。プリンストン大学で学位を取得後,カーネギー工科大学で物理を教える。第1次世界大戦を契機として,ウェスターン・エレクトリック研究所 (ベル電話研究所の前身) に就職 (1917~46) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デービソンの関連キーワードオルソンイリノイ冠の板篠入りの合方森のいぶきフジノイドイリノイ[州]イリノイ・セントラル鉄道イリノイ・ミシガン運河マン対イリノイ州事件

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デービソンの関連情報