コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウキ トウキ Angelica actiloba

4件 の用語解説(トウキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウキ
トウキ
Angelica actiloba

セリ科の多年草ニホントウキともいわれる。本州中・北部の山地の岩場に生えるが,薬用植物として栽培もされている。全草が芳香を放つ。地下に太い根茎があり,高さ 50~70cmの太い中実の茎を伸ばす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トウキ

セリ科の多年草。本州中北部の山地に自生し,また各地に栽培される。高さ40〜80cm。葉は2〜3回羽状複葉で表面は光沢がある。茎や葉には特有の芳香がある。8〜9月,複散形花序を出し,多数の白色小花を開く。
→関連項目薬用植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

トウキ

セリ科の多年草。根は鎮静、強壮などの作用があり生薬として使用される。表記は「当帰」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウキ
とうき / 当帰
[学]Angelica acutiloba Kitagawa

セリ科の多年草。本州中部地方以北の山地に分布する。全体に芳香をもち、主根は太い。茎は高さ60~90センチメートルで分枝し、中実で紫色を帯びる。根生葉と下葉には長い葉柄がある。葉身は三角形で長さ約25センチメートル、2回3出複葉で、小葉は3深裂し、裂片は披針(ひしん)形(ときにはさらに3浅裂する)で、鋭い鋸歯(きょし)をもつ。葉の上面は深緑色で光沢がある。8~9月、枝の先に複散形花序を出し、白色の小花を密につける。花弁は5個、雄しべ5個、雌しべ1個で子房下位。果実は長楕円(ちょうだえん)形で長さ4~5ミリメートル、分果の縁はわずかに翼状をなす。[長沢元夫]

薬用

根を漢方では当帰(とうき)と称して婦人の要薬とする。補血、強壮、鎮痛、鎮静、排膿(はいのう)剤として月経不順、ヒステリー、腹痛、腫(は)れ物、打撲症、不妊症、貧血症などの治療に用いる。処方としては当帰芍薬散(しゃくやくさん)が有名。民間では、葉を浴湯に入れると、血の巡りがよくなり、体が温まるほか、肌もきれいになるとされる。中国の当帰は、前述とは別種のA. sinensis (Oliv.) Dielsの根であり、中国中西部に分布し、また栽培もされている。これと区別するために、日本産の当帰は、その植物名をニホントウキと称したほうがよい。日本では奈良県と北海道で多く栽培されているが、とくに奈良県五條(ごじょう)市大深(おおぶか)町では品質のよいものが生産されてきたため、それを大深当帰という。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トウキの関連キーワードコバイケイソウニッコウキスゲ青柳草甘にゅう燕尾仙翁笹百合姫百合山母子胡麻菜クルマユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トウキの関連情報