コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウネン トウネン Calidris ruficollis; red-necked stint

3件 の用語解説(トウネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウネン
トウネン
Calidris ruficollis; red-necked stint

チドリ目シギ科。全長 15cm。シギ科のなかでは最小種に属する。夏冬異色。夏羽は,背面と胸が赤褐色で,頭上から背面には濃赤褐色の縦斑がある。額と下面は白い。冬羽は背面灰褐色地に黒褐色不明瞭な縦斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トウネン

シギ科の鳥。翼長10cmで最小のシギの一種。冬羽は背面灰褐色で不鮮明な黒色斑紋があり,夏羽は赤褐色みが強い。シベリア北東部,アラスカ西部で繁殖し,冬は東南アジアオーストラリアに渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウネン
とうねん / 当年
red-necked stint
[学]Calidris ruficollis

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。東部シベリアのツンドラで繁殖し、冬はニュージーランドやオーストラリアまで渡る。日本には旅鳥として春と秋に多数渡来する。全長約15センチメートル、最小のシギの一つで、トウネンという名は、その年生まれで小さいことを示す「当年」に由来する。冬羽は上面が灰褐色で下面は白く、夏羽は顔や胸が赤褐色になる。全国の海岸、河口の干潟や入り江、水田、ハス田などにすみ、春には100羽以上の群れをなすこともある。ちょこちょこと足早に歩いて、泥の中の微小な動物を餌(えさ)としてあさる。チュリチュリと細く鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トウネンの関連キーワード青鷸黄脚鷸草鷸背高鷸田鷸玉鷸中地鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone