コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウネン Calidris ruficollis; red-necked stint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウネン
Calidris ruficollis; red-necked stint

チドリ目シギ科。全長 13~16cm。シギ科のなかでは最小の一種。夏羽(→羽衣)は頬,胸が赤褐色で,頭上はくすんだ白地に黒斑が密にある。背と雨覆羽は黒と赤褐色,赤みを帯びた白のまだら模様。額と喉,腹から下尾筒は白い。冬羽は,夏羽では赤褐色の頭部や胸が白くなる。背面は淡褐色になり,各羽毛の羽軸あたりが黒褐色で縦斑が入る。ロシア東北部からアラスカ半島西部のツンドラ地帯で繁殖する。繁殖期は昆虫などの無脊椎動物を食べる。繁殖後はフィリピン東南アジアからニューギニア島オーストラリアニュージーランドのおもに沿岸に渡って越冬する。日本では春秋の渡りの時期に立ち寄るが,九州地方以南では越冬もしている。干潟や河口域,海岸などで普通に観察される。越冬の時期にはゴカイや小さな甲殻類などを食べる。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トウネン

シギ科の鳥。翼長10cmで最小のシギの一種。冬羽は背面灰褐色で不鮮明な黒色斑紋があり,夏羽は赤褐色みが強い。シベリア北東部,アラスカ西部で繁殖し,冬は東南アジア,オーストラリアに渡る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウネン
とうねん / 当年
red-necked stint
[学]Calidris ruficollis

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。東部シベリアのツンドラで繁殖し、冬はニュージーランドやオーストラリアまで渡る。日本には旅鳥として春と秋に多数渡来する。全長約15センチメートル、最小のシギの一つで、トウネンという名は、その年生まれで小さいことを示す「当年」に由来する。冬羽は上面が灰褐色で下面は白く、夏羽は顔や胸が赤褐色になる。全国の海岸、河口の干潟や入り江、水田、ハス田などにすみ、春には100羽以上の群れをなすこともある。ちょこちょこと足早に歩いて、泥の中の微小な動物を餌(えさ)としてあさる。チュリチュリと細く鳴く。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トウネンの関連キーワードトウネン(当年)芳賀 幸四郎ヒバリシギ高野伸二ヘラシギキリアイ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トウネンの関連情報