コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラフズク トラフズク Asio otus; long-eared owl

3件 の用語解説(トラフズクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラフズク
トラフズク
Asio otus; long-eared owl

フクロウ目フクロウ科。全長 38cm。中型のミミズクで,長い羽角 (頭上に突き出た耳状の羽) を有する。羽色は黄褐色の地に暗色の縦斑がある。眼は赤褐色。平地から低山帯の森林に生息し,カラス,タカなどの古巣を利用して繁殖する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トラフズク

フクロウ科の鳥。翼長30cm。体色はだいだい褐色に黒褐色の縦斑があり,長い羽角がある。ユーラシアと北米の温帯,亜寒帯で繁殖し冬季は南方へ渡る。日本では本州中部以北で少数が繁殖し,冬は暖地へ移動する。
→関連項目フクロウミミズク(鳥類)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラフズク
とらふずく / 虎斑木菟
long-eared owl
[学]Asio otus

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。全長約38センチメートルの中形のフクロウで、全身褐色地に濃褐色の斑(はん)がある。羽角は長く、よく発達した顔盤の目の上には、黒と淡褐色のV字形の模様がある。目は赤褐色。ユーラシア中部、北アメリカ中部に広く分布するほか、アトラス山脈、アビシニア高原、ヒマラヤ山脈、イギリス、樺太(からふと)(サハリン)、日本にも分布する。雪の深い地方のものは、冬は南に移る。日本では北海道の平地、本州中部地方以北の山地の林で、カラス類やタカ類の樹上の古巣を利用して、4~6個の卵を産む。夜間、おもにネズミ類などを捕食するほか、小鳥や大形の昆虫もとる。冬は都会の公園や神社などの茂った木を、数羽以上のねぐらとすることがある。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラフズクの関連キーワード木の葉木菟島梟白梟面梟こうふくろうずふくぶくろうふくろうフクロウ(梟)メンフクロウ(仮面梟)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トラフズクの関連情報