ドナテロ(英語表記)Donatello

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドナテロ
Donatello

[生]1386頃.フィレンツェ
[没]1466.12.13. フィレンツェ
イタリアの彫刻家。本名 Donato di Niccolò di Betto Bardi。 1404~07年 L.ギベルティの助手としてフィレンツェのサン・ジョバンニ洗礼堂門扉制作に参加。 12年画家組合に登録。主としてフィレンツェで活躍し,オル・サン・ミケーレ聖堂の大理石像『聖マルコ』や『聖ゲオルギウス』 (1415~16,フィレンツェ,バルジェロ国立美術館) ,ブロンズ像『ダビデ』 (35,同) などを制作。古代彫刻の形式に鋭い写実を加え,初期のルネサンス彫刻の確立者となる。 43~53年パドバに移りイル・サント聖堂祭壇浮彫や同聖堂前広場の『ガッタメラータ騎馬像』を制作した。その後生地に戻り木彫『マグダラのマリア』 (54,フィレンツェのサン・ジョバンニ洗礼堂) や『洗礼者ヨハネ』 (シエナ大聖堂) で劇的な作風に新生面を開いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドナテロ(Donatello)

[1386ころ~1466]イタリアの彫刻家。初期ルネサンスを代表する彫刻家で、厳格な写実により人体の力と美を表現した。作「ガッタメラータ将軍騎馬像」など。ドナテルロ。ドナテッロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドナテロ

イタリア初期ルネサンスの代表的彫刻家。本名ドナート・ディ・ニッコロ・ディ・ベット・バルディ。一時パドバに滞在したほかは,おもに生地フィレンツェで活動した。初めギベルティに学び,大理石彫刻を手がけたが,1420年ころからブロンズに移り,独自の作風を確立。代表作の一つ《ダビデ》(1434年ころ,フィレンツェ,バルジェロ美術館蔵)は古代以来途絶えていた写実的な裸体像として重要。パドバのイル・サント広場の《ガッタメラータ騎馬像》(1447年―1453年)は肖像彫刻としての写実性と,記念像としての理想性とのみごとな融合を示す。他に《ズッコーネ(ハバクク)》(1427年―1435年,フィレンツェ大聖堂美術館蔵),《マグダラのマリア》(1450年代後半,同館蔵)など。
→関連項目アルベルティアンドレア・デル・カスターニョベリーニ[一族]ベロッキオマサッチョマンテーニャミケランジェロミケロッツォ・ディ・バルトロメオロッビア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドナテロ【Donatello】

1386‐1466
イタリアの彫刻家で,ルネサンス彫刻様式の創始者。本名ドナート・ディ・ニッコロ・ディ・ベット・バルディDonato di Niccolò di Betto Bardi。梳毛工を父にフィレンツェに生まれ,1403年の記録ではギベルティの助手として名をあげられているので,おそらく彼の工房で彫刻の修業を積んだものと思われる。彼の確実な初期作品の一つである《ダビデ》(1408‐09,フィレンツェ,バルジェロ美術館)には,いまだゴシック様式をとどめているものの,ギベルティの優雅さやナンニ・ディ・バンコNanni di Bancoの荘重な量塊感覚とも異なる,対象への深い内面的洞察から生まれたエネルギーが,写実的造形手法とともにうかがえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドナテロ【Donatello】

1386頃~1466) イタリアの彫刻家。初期ルネサンス様式彫刻の創始者。すぐれた写実技巧を駆使して、生命感溢れる傑作を数多く残す。代表作「ダビデ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のドナテロの言及

【イタリア美術】より

…建築では,ブルネレスキが古代ローマ建築を研究して,パッツィ家の礼拝堂などに古典的比例を回復し,アルベルティはウィトルウィウスにならった〈十書〉構成の,ラテン語によるルネサンス最初の建築書を著した。彫刻ではドナテロが古代彫刻の比例とリアリズム,これにゴシックの精神を加えて偉大な先例をつくったが,ベロッキオは表面的な写実に堕したというべきであろう。ベロッキオの弟子レオナルド・ダ・ビンチは,見えるものと見えざるもの,すなわち形式と精神との完璧な表現とその一致を追求し,《最後の晩餐》図によって,古代以来かつてなかった両者の統一を成就した。…

【浮彫】より

…したがって,彫刻の一種の技法と考えることが可能であるが,その視覚的な効果なり技法の本質から見れば,絵画と彫刻の中間に位置するものといえよう。ルネサンス彫刻に新風をもたらしたドナテロが,フィレンツェのオルサンミケーレ教会の《聖ゲオルギウス》の台座のために彫った《竜を退治する聖ゲオルギウス》などがひとつの例である。ドナテロは,ここで,極端に奥行きを浅くし,いわゆる〈押しつぶされた浮彫rilievo stiacciato〉を行っているが,その浅さにもかかわらず,人物の丸味,群像の遠近関係がみごとに表現されている。…

【フィレンツェ派】より

ブルネレスキは,サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂円蓋の完成をはじめ,古代ローマ建築に学んだ比例や幾何学的形態を基本とする建築を試み,数学的遠近法の考案者としても知られる。彫刻家ドナテロは,古典的均衡を示す人体と,ゴシック的な強烈な感情表現との両極端の間を揺れ動きつつ,人間の精神と肉体の真実の描出に到達した。画家マサッチョは,空間表現と人体の量感の描出,さらに人間感情の表出という初期ルネサンス絵画の目標を一挙に達成した。…

※「ドナテロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報