コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミナトゥス

3件 の用語解説(ドミナトゥスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドミナトゥス

ローマ帝政の後半期,ディオクレティアヌス帝以後の政治体制。〈専制君主政〉と訳。この時代には皇帝はオリエント風の絶対専制君主(ドミヌス)となり,身分秩序は固定化,国家による経済統制がすすみ,以後,自由農民は没落し,また都市は衰退した。
→関連項目軍人皇帝時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドミナトゥス【dominatus[ラテン]】

後期ローマ帝国(ディオクレティアヌス以後)の専制君主政をいう。皇帝が臣民に自らを〈われらの主dominus noster〉と呼ばせたことから,それ以前の,都市国家・共和政的要素をなお残していた元首政と区別するため想定された概念。その下限はあまり明確ではないが,東ローマ(ビザンティン)帝国の皇帝専制主義をも指して用いられる。すでに1世紀末のドミティアヌスが〈主にして神dominus et deus〉という称号を用いており,ことに3世紀のアウレリアヌスなどが皇帝理念強化のためにこのような称号を多用するにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドミナトゥス
どみなとぅす
Dominatusラテン語

ディオクレティアヌス帝(在位284~305)以後の後期ローマ帝国の専制君主政をいう。「3世紀の危機」とよばれる、戦争と動揺と混乱の時代を経たローマ帝国は、ディオクレティアヌス帝、コンスタンティヌス帝(在位306~337)によって、まったく新しい基礎のうえに置かれるようになった。この後期ローマ帝国は、軍事、行政、財政はもとより、社会、経済の隅々まで国家の統制と強制が行き渡り、全住民、全制度、全機構をあげて国家の目的のために奉仕させられるように仕組まれた体制であり、ローマ市民の自由をたてまえ上否定することなく支配構造を打ち立てた帝政初期とはまったく質の異なった国家であった。この国家体制の質を端的に表しているものは、なんらの制度的な制約をもたない専制的な皇帝権力である。臣下に対する皇帝の地位は、奴隷に対する主人(ドミヌス)のごときものであり、実際、皇帝に対する正式な呼びかけも「我らの主」dominus nosterと定められていたことから、後期ローマ帝国を「ドミナトゥス(専制君主政)」とよぶ。これは、皇帝が市民の「第一人者」princepsであることをたてまえとした帝政初期を「プリンキパトゥスPrincipatus(元首政)」とよぶことと対(つい)をなしている。[市川雅俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドミナトゥスの言及

【ディオクレティアヌス】より

…また自らを〈主にして神(dominus et deus)〉と呼ばせた。ここにローマ帝国は専制君主政(ドミナトゥス)の時代を迎える。 彼は他の皇帝を指導し,軍団数を倍増し,騎馬軍・特殊部隊をいっそう整備してマクシミアヌス,コンスタンティウス1世にはガリアのバガウダイの乱を,ガレリウスには東方のササン朝ペルシアを鎮圧・撃退させて,国境の安定をもたらした。…

【ローマ】より

…宗教的聖化を得て今や皇帝はプリンケプス(元首)ではなくドミヌス(専制君主)となった。帝政はプリンキパトゥスから専制的なドミナトゥスへと完全に変質したのである。 宮廷内儀礼にも皇帝の神性を強調する制度が取り入れられ,皇帝顧問会は今や皇帝の前では全員が起立しているので聖起立会議(サクルム・コンシストリウムsacrum consistorium)となった。…

※「ドミナトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone