コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラン ドラン Derain, André

6件 の用語解説(ドランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラン
ドラン
Derain, André

[生]1880.6.10. シャトゥー
[没]1954.9.2. シャンブルシー,ガルシュ
フランスの画家。アカデミー・カリエール,アカデミー・ジュリアンに学ぶ。 1900年郷里で M.ブラマンクと同じアトリエで制作。 05年南フランスでマチスとともに制作し,大胆な原色の使用と,激しい筆触で感情表出を意図した絵をかき,フォービスム誕生に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドラン(André Derain)

[1880~1954]フランスの画家。フォービスムから出発し、キュビスムに参加。のち、古典主義的傾向の作風となった。作「森」「ブロンドの女」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドラン

フランスの画家。パリ郊外シャトー生れ。マティスブラマンクらとともにフォービスムの運動を興し,強烈な色彩を用いた奔放な造形で知られる。のち南仏やイタリアの風景を描きながら,安定した構成を求めて古典的作風に転向した。
→関連項目キスリングディアギレフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドラン【André Derain】

1880‐1954
フランスの画家。パリ郊外のシャトゥーChatou生れ。1898年からアカデミー・カリエールで学ぶが,そこでマティスと出会い影響を受ける。マティスとともに,セザンヌ芸術の重要性を最も早く認識した画家で,1903‐14年ごろの作品にはその感化が各所にうかがえる。しかし,05‐06年には,ブラマンクとともに最も鮮烈な色彩を用いる典型的なフォービスムの画家であった。07年以降はセザンヌ=初期キュビスム的な形態重視の傾向に転じ,色彩も重厚なものとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ドラン【André Derain】

1880~1954) フランスの画家。フォービスムから出発したが、やがてフランス美術の伝統に立って、優雅で気品に満ちた、しかも現代感覚あふれる独自の画境を確立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラン
どらん
Andr Derain
(1880―1954)

フランスの画家。6月10日パリ郊外シャトゥーに生まれる。1898~99年、パリのアカデミー・カリエールに通い、ここでマチスを知る。また1900年に同じ地区に住むブラマンクと偶然出会い、彼とアトリエを共有して制作に励む。2人はシャトゥー派ともよばれ、フォービスムの重要な母体の一つとなった。01年末から04年にかけて兵役のために制作は一時頓挫(とんざ)するが、帰還後は、シャトゥー派とマチスらとの交流の深まりとともに、急速に作風を進展させた。近年の研究では、マチスに先んじてドランが、印象派以後の種々の前衛的手法を首尾よく混合し、いち早くフォービスムのスタイルに到達したとされる。その後マチスの影響でいったん新印象主義の点描画法に深入りしたものの、それによって色彩に対するよりいっそう明晰(めいせき)な感覚を獲得したドランは、05年の夏、南仏の港町コリウールでマチスとともに過ごしてから、鮮烈な色彩を大胆に用いるフォーブの中心的な画家の1人となる。同年秋のフォービスムのマニフェスト(宣言)ともいうべきサロン・ドートンヌの第七室に彼の作品も展示された。このころの代表作に『テムズ川の落日』(1906)などがある。
 しかし2、3年後、セザンヌの厳しい構築に対する傾倒や、ピカソ、ブラックらとの交友によってキュビスムに接近、主要な関心をフォルムと構成の問題に向け、一方、鮮烈な色彩は抑制されて重厚なものになる。だが彼は、キュビスムを極端に推し進めてフォルムの分解にまで至ることはなかった。その後、初期イタリア・ルネサンスの絵画やゴシック芸術、あるいはフランスの過去の画家たちの作風などに傾倒しながら独自の探究を続け、かつてのフォーブ時代の華やかさとは無縁の落ち着いた画風によって、古典的伝統を現代に引き継ぐ新古典主義者とでもいうべき立場を確立した。54年9月2日シャンブールシーで没。[大森達次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドランの言及

【フォービスム】より

…〈野獣派〉〈野獣主義〉と訳されることもある。1905年サロン・ドートンヌの第7室に展示されたフランドランJ.Flandrin,マルケ,ルオーたちの作品に囲まれるようにしてマルクA.Marqueのイタリア風のトルソーが置かれていたのを,美術批評家ボークセルLouis Vauxcellesが評して〈野獣(フォーブ)の檻のなかのドナテロ〉といったことから,〈フォービスム〉の名称が生まれる。もっとも,〈フォーブ〉の形容そのものはボークセル以前にすでに用いられていたようである。…

※「ドラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドランの関連キーワードアルトゥングシャトールシャトリエアッポジャトゥーラバントゥー山ラトゥールポワトゥーシャラントドラクロワ礼賛セカンドワイン(セカンドラベル)トゥーシュ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドランの関連情報