ナショナルセンター

デジタル大辞泉「ナショナルセンター」の解説

ナショナル‐センター

national center of trade unionから》労働組合の全国中央組織。加盟労働組合の利害の調整、労働争議の支援、教宣活動などを目的として設立されるもので、日本では、連合やかつての総評同盟などがこれに当たる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ナショナルセンター」の解説

ナショナル‐センター

〘名〙 (national center of trade unions の) 労働組合の全国中央組織をいう。現在の「連合」、かつての「総評」「同盟」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android