コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナゾル Vladimir Nazor

世界大百科事典 第2版の解説

ナゾル【Vladimir Nazor】

1876‐1949
ユーゴスラビアの文学者。クロアチア人。ブラチュ島の生れ。グラーツ大学で自然科学を修め,中学教師として海岸地方を転々とした。叙事詩スラブの伝説》(1900),イストリア半島の伝説に基づいた小説《巨人ヨジェ》(1908)で文名を確立。翻訳も含めて旺盛な文学活動を行い,祖国が戦場となるや老体をおしてパルチザン部隊に入り,多くの人々を感動させた。解放後はクロアチア議会幹部会議長などを歴任した。【田中 一生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のナゾルの言及

【ユーゴスラビア】より

…彼は戦前ツェサレツAugust Cesarec(1893-1941)らと雑誌を通じて革命運動を推進し,あらゆるジャンルで多彩な才能を発揮した。またナゾルとコバチッチIvan Goran Kovačić(1913-43)はパルチザン戦争に身を投じて自己改革を行ったユニークな詩人である。戦前のベオグラードでは,詩人ツルニャンスキダビチョらが表現主義から超現実主義風の作品を発表する一方,ヌシッチは風刺で現実を笑殺した。…

※「ナゾル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナゾルの関連キーワードイタリア映画秋月の乱スラブ音楽兵庫(県)日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学ロダン今村百八郎

ナゾルの関連情報