コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトリウムランプ sodium lamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナトリウムランプ
sodium lamp

ナトリウム蒸気の放電を利用した放電ランプ低圧ナトリウムランプ高圧ナトリウムランプがあり,蒸気圧は前者が 4×10-3mmHg ,後者は 100mmHg程度である。低圧ナトリウムランプは,ナトリウム特有の黄色のスペクトル (波長 589nm) を強く発する。この光では物体の色の区別がつかないが,人工光源中最高の効率をもつので,自動車道路の照明,港湾の照明などに用いられる。高圧ナトリウムランプの効率は低圧のものよりやや低いが,スペクトルが赤から青にまで広がっているので,色の見え方は多少よくなる。発光色は黄白色で,スポーツ照明などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナトリウム‐ランプ

《〈和〉Natrium〈ドイツ〉+lamp》不活性ガスを封入した発光管中にナトリウムを入れておき、ナトリウム蒸気により橙色(だいだいいろ)光を出し、霧などに対する透光性を良くしたもの。ナトリウム灯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナトリウムランプ

ナトリウム蒸気のアーク放電の陽光柱を利用したランプ。黄だいだい色の光(スペクトル線のD線)は最もよく目に感じるので効率がよく,霧の中の見通しがきき,光学実験用光源や自動車道路照明等に利用される。
→関連項目アーク灯照明放電灯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナトリウムランプ【sodium vapor lamp】

ナトリウム蒸気中の放電により発光する放電ランプ。ナトリウム蒸気の圧力の高低により低圧ナトリウムランプと高圧ナトリウムランプがある。 低圧ナトリウムランプは,0.5Pa程度のナトリウム蒸気中の放電によって発生するD線と呼ばれる2本の接近した線スペクトル放射(波長589nmと589.6nm)を利用する(図a)。線スペクトルを利用するのでオレンジイェローの単色光を発生する。D線がたまたま比視感度が最高になる波長(555nm)に近いため,低圧ナトリウムランプの発光は効率が高いが,単色光なので演色性(物の色を自然に見せること)は悪い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナトリウムランプ
なとりうむらんぷ

ナトリウム蒸気中のアーク放電によって放射される光を利用したランプ。低圧ナトリウムランプと高圧ナトリウムランプとに大別される。
(1)低圧ナトリウムランプ ナトリウムの蒸気圧を約0.5パスカルとしたもの。もっとも効率よくナトリウムのD線(589.0と589.6ナノメートル)を発光する橙黄(とうこう)色のランプである。1932年オランダのホルストGilles Holst(1886―1968)によって実用的なランプが完成。日本では1934年(昭和9)に実用化されたが、普及したのは1957年(昭和32)からである。
 ランプの構造は、ナトリウム蒸気に侵されない特殊ガラスを発光管とし、これをU字形に曲げ、ナトリウム金属と始動補助用ガスとしてネオンと少量のアルゴンの混合ガスを封入する。外管は熱損失を少なくするため高真空に保たれ、また外管内面に透光性でしかも赤外線を反射する酸化インジウム膜を施し、発生した赤外線を元へ戻して発光管の保温に利用する。発光管の管壁温度は、もっとも効率のよいナトリウム蒸気圧を保つため約260℃とする。ランプの点灯には安定器が必要である。効率は実用光源のなかでもっとも高い(175ルーメン/ワット)が、橙黄色の単色光なので、演色性が非常に悪いため、トンネルなどの照明に使用されるにすぎない。
(2)高圧ナトリウムランプ ナトリウムの蒸気圧がパスカル単位で約1.3×104における放電の光を利用したランプ。黄白色の光で、実用白色光源のなかでもっとも効率が高い(400ワットで115~140ルーメン/ワット)。1963年アメリカで高温のナトリウム蒸気に耐える透光性アルミナセラミックス発光管が開発され、ナトリウムの蒸気圧をあげることにより実用化された。日本では1969年に完成している。ランプの構造は、透光性アルミナセラミックス発光管の両端に電極をセラミックキャップまたはニオブ金属キャップで封止して発光管とし、これにナトリウムのほか水銀、始動用のキセノンガス(またはアルゴンとネオンガスなど)が封入されている。外管ガラス球内は高真空に保たれている。高圧ナトリウムランプの光色は暖かみのある黄白色(色温度2100ケルビン)で、演色性は低圧ナトリウムランプよりややよくなり、色別は十分できる。効率が高いので、道路などの屋外一般照明や高天井の工場照明、スポーツ照明に多く使用されるようになった。
 なお、ナトリウム蒸気をさらに高くして、演色性を大幅に改善した高演色高圧ナトリウムランプも使われるようになったが、これは電球の光色にも似ており店舗照明に用いられている。[小原章男・別所 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナトリウムランプの関連キーワードアントン フィリップスオプトセラミックス高圧放電ランプコヒーレント光WEEE指令HIDランプ水銀ランプ特殊ガラスレーザー気体放電照明器具投光器街路灯窯業回折

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android