コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラ(楢) ナラQuercus spp.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラ(楢)
ナラ
Quercus spp.

北半球の温帯から熱帯の高地に分布するブナ科カシ属 Quercusの高木のうち,コナラ (小楢) ミズナラ (水楢) ,ナラガシワなど日本に産する落葉性の種類の総称。同属の植物でも葉質の硬い,常緑性の種類は通常カシと呼んで区別する。しかし分類学上のナラとカシの差は堅果,いわゆる「どんぐり」の基部につく殻斗 (かくと) の包鱗のあり方で,カシ類が数層の横輪状になるのに対し,ナラ類は包鱗が癒着せず,敷瓦状に並ぶ点が異なる。その意味では西日本の海岸に生じるウバメガシ Q. phillyraeoides常緑ではあるがナラ類に入れられる。普通単にナラと呼ぶときはコナラをさすことが多いが,用材としてはミズナラが重視される。この仲間の葉は互生し縁に鋸歯がある。雌雄同株。4~5月頃,新葉下部に紐状の雄花穂,上部の葉のつけ根に短い直立した雌花穂をつける。どんぐりと呼ばれる堅果は楕円または球形で,基部を包む椀形の総包は多くの鱗片が重なる。ナラ材は重硬,緻密で,家具,船舶,建築などのほか洋酒の樽材,シイタケの原木,薪炭材となる。また,樹皮や葉を染色に用いることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナラ(楢)【ナラ】

ふつうコナラとミズナラ(ときにはナラガシワを含めることもある)をさす。北海道〜九州の山野にはえるブナ科の落葉高木。樹皮は灰褐色〜灰白色で縦に浅い割れ目が入る。葉は枝先に集まってつき,倒卵形〜倒披針形,下面は淡緑色〜灰白色,縁には鋸歯(きょし)がある。
→関連項目小田代原

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナラ【ナラ(楢) oak】

ブナ科コナラ属Quercusのうち落葉性のコナラ亜属樹種が一般にナラ類と総称される。英語のオークもふつうは落葉性のナラ類をさすが,常緑性の種も含むコナラ属全体を意味することもある。しかし日本でナラといえば,ミズナラおよびコナラ,ときにナラガシワQ.aliena Blumeを含めたものをさし,炭焼きや林業家も同じコナラ亜属のカシワあるいはクヌギおよびアベマキなどとは区別している。形態的にも顕著な違いがあり,ミズナラやコナラは葉が倒披針形で,どんぐりが1年で熟し殻斗の鱗片は短く覆瓦状であるが,カシワは殻斗の鱗片が長く葉も大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナラ(楢)の言及

【オーク】より

…ブナ科コナラ属Quercusの樹木の総称的英名。コナラ属は約400種の樹木からなり,主として北半球の温帯から熱帯に分布する。…

【コナラ】より

…薪炭材にしたり,落葉を肥料にするなど農山村の生活と密接なかかわりを持っていた。材は建築,家具などに用いられるが,ミズナラほど優秀でない。 ミズナラQ.mongolica Fischer var.grosseserrata (Bl.) Rehd.et Wils.はコナラより高い所に生え,大木で森林をなす。…

※「ナラ(楢)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナラ(楢)の関連キーワードコナラ(小楢)オーク(材)ウバメガシ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android