コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナントの王令 ナントのおうれい

3件 の用語解説(ナントの王令の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナントの王令【ナントのおうれい】

1598年フランス国王アンリ4世がフランス西部のナントNantesで発した宗教的和解の勅令。制限つきだがプロテスタントに信仰と礼拝の自由を認め,ユグノー戦争の終結をもたらした。
→関連項目ナントルーボア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナントのおうれい【ナントの王令 Édit de Nantes】

1598年4月13日,フランス国王アンリ4世がナントで発布した王令。〈ナントの勅令〉とも。アンリ4世は1589年登位の後もカトリック(旧教)勢力の根強い抵抗に直面したが,93年旧教に改宗してシャルトルで聖別式を行いパリに入城,以後旧教徒と新教徒の和解に努力を傾注した。ナントの王令はその結実であるが,宗教戦争の渦中にすでに萌芽の見られた〈寛容王令〉の集大成であり,この王令により,1562年以来30余年に及んだ宗教戦乱に一応の終止符が打たれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナントの王令
なんとのおうれい
Edit de Nantes

1598年4月、フランス西部の都市ナントでアンリ4世によって公布された王令。ナントの勅令ともいう。フランス宗教戦争時代の二つの精神・理論・伝統であるカトリックとプロテスタントとの信仰を合法的に共存させて国内の平和回復を求めたもの。王令それ自体は目新しいものではなく、カトリーヌ・ド・メディシスやアンリ3世が公布した寛容王令を受け継いでいたが、永続的かつ取消しのできないものとされた。フランス・ユグノー(プロテスタント)の権利と特典の憲章とみなされ、定められた場所での礼拝の自由も認められて、寛容時代の開幕を告げることとなった。その後の平和が心もとないものであったにしても、フランス国王の権威の回復にあずかって力があったことは否定できない。17世紀に入ってリシュリューマザランは、ナントの王令を中央集権的原理に生かしつつ、ユグノーの政治的特権の打破に努め、1685年にはルイ14世がこの王令を撤回することになる。[志垣嘉夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナントの王令の言及

【アンリ[4世]】より

…その打開策として,ポリティーク派と呼ばれる新旧どちらの側にもくみしない上層ブルジョアジーの支持を獲得するため旧教に改宗(1593),これが成功して翌年パリ入城を果たした。そして,98年には信教の自由を認めたナントの王令を発布,40年近く続いた内戦に終止符を打った。また同年,スペインとベルバンの和約を結び,対外的にも平和をもたらした。…

【寛容】より

…そして,宗派の併存が神聖ローマ帝国内においてはじめて公式に認められたのは,1555年のアウクスブルクの宗教和議においてであるが,それは力による抗争を政治的に解決しようとしたものであり,容認された宗派はカトリックとルター派だけであったし,しかも政治支配者がその領域内の宗教を決定するとされたという意味では,真の寛容の実現とはほど遠いものであった。寛容政策(内面的信仰の自由,礼拝の自由,裁判の平等,官職の解放など)が制度上ほぼ完全な形で最初に実現されたのは,1598年のナントの王令によってである。カルビニズムが急速に浸透したフランスにおいては,宗派間の争いが政治的対立と結びつき,しかも新教徒の側から抵抗権の主張が強く出されたこともあって,国を二分しての内乱が長期間にわたって争われるという事態(ユグノー戦争)が出現した。…

【政教分離】より

…ナバールのアンリ4世はカトリックに改宗し,サリカ法典にもとづく王位請求権を行使したが,彼の行動の嚮導原理は支配の安定と国土の平和という政治的考慮であったから,まさに〈政治の勝利〉を意味していた。彼が国内平定後,ただちにナントの王令(1598)を発し,ユグノーに対して市民的諸権利の享受を保障したのは,その証左である。こうして,政治の優位が承認されることにより,すべての諸問題は宗教的真理への拘束づけから解放され,政治の可能性と制約に従属させられることになった。…

※「ナントの王令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナントの王令の関連キーワードナントの勅令フレンチランス大聖堂アンリカトリーヌドメディシスフランソワマカロンブルターニュ大公城モルネーソースフロランタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナントの王令の関連情報