コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクロム nichrome

翻訳|nichrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクロム
nichrome

電熱用発熱材料として使われる合金で,ニッケル Ni77~79%,クロム Cr19~20%のものが高級品で,Niを 35%程度まで減らして,鉄 Feを 55%程度まで入れたものもある。高級品は耐酸化性,高温強度とも高く,最高 1100℃まで使用できるが,Niを減らしたものは耐用温度 1000℃である。通常はであるがリボンもある。ニクロムと類似の発熱材料に,Fe69%,Cr18~25%,アルミニウム3~6%,コバルト若干のカンタルがある。耐用温度は最高 1250℃程度で,一種の高クロムステンレス鋼である。発熱材料としては両者とも同様に使えるが,耐熱合金としては強度が不足なので使わない。ニクロム,カンタルともいまは通称であるがもとは商標名で,JISではニッケルクロム,鉄クロムとして規格している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニクロム

主に電熱線に用いられるニッケルクロムの合金。ニッケル約80%,クロム約20%のもの,ニッケル約60%,クロム約15%,鉄約25%のものが代表的。電熱器,電気炉などの発熱体に使用。
→関連項目ニッケル合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニクロム【nichrome】

ニッケルとクロムをおもな成分とする合金で,おもに高温発熱体として使われている。電気抵抗が高く,耐酸化性がよいので空気中で高温に加熱して使用でき,高温で長時間使用しても性質の劣化が少ない。線や帯に加工することができて,ふつう,ニクロム電熱線,ニクロム電熱帯として,家庭用の電熱器から工業用の電気炉にいたる広い範囲で,電流を流して高温を得る発熱体に使われている。ニッケル約80%,クロム約20%の第1種,ニッケル約60%,クロム約15%,鉄約25%の第2種があり,最高使用温度は第1種では約1100℃,第2種は1000℃以下である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニクロム【Nichrome】

ニッケルとクロムを主成分とする合金の商標名。標準的なものはニッケル80パーセント、クロム20パーセントより成るが、他に鉄などを含むものもある。加工が容易で電気抵抗が大きく、酸化されにくいので電熱線に使われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクロム
にくろむ
nichrome

ニッケルとクロム、あるいはこれに少量の鉄を加えた合金の商品名。一般にはニッケルクロム(鉄)電熱合金の総称として用いられることが多い。この種の合金は電気抵抗率が約110マイクロオーム・センチメートルと高く、また抵抗率の温度による変化も比較的小さく、さらに高温での強さも大きく、化学的にも安定であり、そのうえ加工も容易であることなどから、電熱用抵抗体、電流調節用抵抗体などに用いられる。代表的組成はニッケル60~90%、クロム10~35%である。これに鉄を20%程度加え、低価格としたもの(ただし耐熱性はやや劣る)もある。[及川 洪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニクロムの関連キーワードフェリシアン化カリウムボンブカロリメーター抵抗線ひずみ(歪)計リーゼガングの環インパルスシールズボンプレッサー間接抵抗加熱炉抵抗線ひずみ計電子温風暖房機シースヒーター電気ヒーター赤外線乾燥サモワール六価クロムニクロム線電気こんろ電熱線合金電気抵抗炉電気調理器アイロン

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニクロムの関連情報