コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニトロメタン ニトロメタン nitromethane

3件 の用語解説(ニトロメタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニトロメタン
ニトロメタン
nitromethane

化学式 CH3NO2 。種々の製法があるが,実験室ではヨウ化メチルに亜硝酸銀を作用させてつくる。無色,酸性の液体。沸点 101.2℃。アルカリと塩をつくる。この塩は容易に爆発する性質をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ニトロメタン【nitromethane】

クロロホルムに似たかなり強い臭気をもつ無色の液体で,化学式CH3NO2。融点-28.37℃,沸点101.25℃。エーテル,アルコール,四塩化炭素,芳香族炭化水素によく溶けるが,脂肪族炭化水素にはあまり溶けない。水に少し溶け,また水もニトロメタンに少し溶ける。水溶液はリトマス試験紙で酸性を呈する。構造としては,微量に存在するアシニトロ型(イソニトロ型)との互変異性を示す(ニトロ化合物)。したがって水酸化アルカリと反応しアシニトロ型の爆発性のアルカリ塩を生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニトロメタン
にとろめたん
nitromethane

脂肪族ニトロ化合物の一つ。無色の液体。水に約9%溶け酸性を示す。有機溶媒に易溶、金属塩は爆発性がある。蒸気も液体も有毒で、貧血や神経系、肝臓、腎臓(じんぞう)の障害をおこす。プロパンの気相ニトロ化により工業的に生産される。
 ロケット推進薬、タンパク質や高分子化合物の溶媒、殺菌剤などの合成原料として用いられる。[加治有恒]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニトロメタンの関連キーワードクロロホルムハロタントリクロロエタントリハロメタン1,2‐ジクロロプロパントリクロロメタンガーリック油トリクロロシランブロホルマークロロホルム麻酔

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone