コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニブヒ ニブヒ Nivkhi

4件 の用語解説(ニブヒの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニブヒ(Nivkhi)

ロシア連邦の極東、アムール川下流域からサハリン(樺太(からふと))にかけて居住する民族。漁労や海獣猟を生業とし、農耕は行わない。かつてはギリヤークと称された。ニブフ。ニクブン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニブヒ

ニブフとも。アムール川下流,サハリンに住む人びと。かつてはギリヤークとよばれた。言語はニブヒ語。夏季の漁労,冬季の狩猟を業とする。熊祭の風習がある。約4400人。
→関連項目サハリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ニブヒ【Nivkhi】

〔ニブフとも〕
ロシア連邦、アムール川下流域とサハリンに居住する民族。サケ・マスの漁労・海獣狩猟に従事。熊をめぐる儀礼や口承文芸にはアイヌ文化との共通性がみられる。旧称ギリヤーク。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニブヒ
にぶひ
Нивхи Nivkhi

アムール川河口付近と樺太(からふと)(サハリン)に分布する少数民族。ロシア革命前はギリヤークГиляки/ Giryaksとよばれていた。ニブヒは、アムール川下流域の人々の自称、ニブフをロシア語風に複数化したもので、サハリンの人々の自称はニグブンНитвн/Nigvngという。人口は4631(1989)。言語はツングース語系の民族とまったく異なるが、ツングース語系の諸民族に囲まれていたため、語彙(ごい)にその影響がみられるほか、物質文化も彼らのものに近い。[佐々木史郎]

生活

生業の中心は漁労と海獣狩猟である。漁労ではサケ漁がもっとも重要で、川沿いに網をかける。漁は数家族共同で行われ、数日間で4000~5000尾もの漁獲があった。漁法は魚に応じて変わるが、同種の魚でも季節によって変えることもあった。海獣狩猟ではトド、アザラシが重要で、トドは固定網で、アザラシは棍棒(こんぼう)か銛(もり)で捕らえられた。アザラシ猟は春の初めから夏まで続けられた。狩猟は他の周辺民族より重要ではないが、クロテン、クマなどがおもな獲物で、銃、わな、弓矢が使われた。19世紀中ごろからは農業が伝わり、ジャガイモなどが栽培された。こうした生業に必要な道具類のほとんどは自家製であるが、金属性の道具は中国人、日本人、ロシア人らとの交易で得たものを鍛冶(かじ)屋がつくり直した。住居はかつては半地下式(竪穴(たてあな)式)であったが、中国の明(みん)代から満洲族の切妻型の木造家屋が用いられるようになった。冬季は地上に建てられるが、夏季は高床となった。伝統的な衣装は、木綿や魚皮、毛皮などでできたズボンとローブ、アザラシ皮の靴、シラカバの樹皮でつくった帽子である。交通手段にイヌぞりとスキーが使われた。トナカイ飼養民が近隣に住むが、トナカイを飼うことはまれで、もっぱらイヌを飼い、そりを引かせる。イヌは飼養に大量の魚が必要だが、貴重な財産として、贈り物や儀礼のときの供儀(くぎ)として使われた。[佐々木史郎]

社会構造

社会は数十の外婚的父系氏族に分かれている。氏族内では婚資の支払い、葬式、殺人事件の賠償などのときに成員同士が助け合うことになっていた。氏族間の婚姻関係には一定の規則があり、「義父」とよばれる妻たちの出身氏族と「婿」とよばれる娘たちの嫁ぎ先の氏族とが一致してはならないのがたてまえであった。[佐々木史郎]

宗教

宗教は、ロシア人との接触で公式にはギリシア正教を受容したことになっているが、古来のアニミズム的信仰のほうがはるかに強い。彼らは海、山、川などの自然の事物それぞれに「主(ぬし)」がいると考えた。そのなかでもっとも重要なのが「山の主」と「海の主」で、山の幸、海の幸をもたらすものとして尊ばれ、定期的に儀礼を行い、供物を捧(ささ)げて豊穣(ほうじょう)を祈り、また感謝した。クマは山の世界(天上界)の人間であり、下界に対応する氏族を形成していると考えられていた。したがって熊送りは氏族の祖先崇拝儀礼であった。まず森で子グマをとらえて数年飼い、たいていは冬の佳(よ)き日をみてそれを殺して山の主に捧げ、祝宴を開き、ダンス、イヌぞり競走などを行うというものである。埋葬は多くの場合火葬だが、サハリンの西海岸では土葬である。火葬の場合、遺骨は火葬場の近くに建てられた小屋に副葬品とともに収められ、定期的に供養されたのち、熊送りで締めくくられた。なお、ソ連時代に入ってからは、漁労・狩猟活動はコルホーズ、ソフホーズ単位となり、医療、教育など改善された面も大きかったが、固有言語と伝統文化は著しく衰退した。ソ連が崩壊に向かう1980年代末より、それらの復興と土地利用権の回復を求める民族運動が活発になり、作家のV・サンギ、民族学者のCh・M・タクサミなどの指導によってシベリア少数民族全体の運動に発展した。[佐々木史郎]
『E・A・クレイノヴィチ著、枡本哲訳『サハリン・アムール民族誌――ニヴフ族の生活と世界観』(1993・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニブヒの関連キーワードアムール川オノン川ロシア連邦ハバロフスク橋ムラビヨフアムールスキー公園ムラビヨフアムールスキー通りウリチ族ゼーヤ[川]ニコラエフスク・ナ・アムーレネギダール族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone