コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイラート Neurath, Konstantin Freiherr von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイラート
Neurath, Konstantin Freiherr von

[生]1873.2.2. ウュルテンベルク,クライングラットバハ
[没]1956.8.14. ウュルテンベルク,エンツバイヒンゲン
ドイツの外交官。 1922年イタリア大使,30年イギリス大使を歴任。 32年 F.パーペン内閣の外相就任以来 K.シュライヒャー内閣,A.ヒトラー内閣にも留任。 33年ナチス党に入党。 38年ヒトラーの侵略計画に反対したため外相を罷免され,39~43年ボヘミア総督,43年SS (ナチス親衛隊) 大将。 46年 10月ニュルンベルク裁判で 15年の刑を言い渡され,54年釈放。

ノイラート
Neurath, Otto

[生]1882.12.10. ウィーン
[没]1945.12.22. オックスフォード
オーストリアの哲学者,社会学者。ウィーン学団の代表者の一人。ドイツで学び,ウィーンで M.シュリック,R.カルナップらとウィーン学団を創立したのち,1934~41年オランダに滞在,41年以降オックスフォードで活動した。論理実証主義の方法論を社会学に適用し,物理主義の立場から社会学を基礎づけた。主著『古代経済史』 Antike Wirtschaftsgeschichte (1909) ,『経験論的社会学』 Empirische Soziologie (31) ,『統一科学心理学』 Einheitswissenschaft und Psychologie (33) ,『社会学の基礎』 Foundations of Social Sciences (44) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノイラート【Otto Neurath】

1882‐1945
オーストリアの経済学者。また,論理実証主義の哲学者として,ウィーン学団の創設にあずかった。はじめ,マルクス主義的経済学を唱えたが,やがて,社会科学全体を物理学と同一方法による時空的経験科学とする物理主義へとおもむき,〈統一科学〉という運動を推進した。科学哲学国際会議を創始し,統一科学協会をハーグ(現在はボストンにある)に設立し,科学哲学の普及に尽くした。【坂本 百大】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ノイラート【Otto Neurath】

1903~1957) オーストリアの哲学者。ウィーン学団の創立メンバーとしてカルナップらとともに論理実証主義運動を展開した。物理主義の立場から自然科学と社会科学の方法的統一を目指し、「統一科学」の理念を提唱した。著「経験的社会学」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノイラート
のいらーと
Otto Neurath
(1882―1945)

オーストリアの哲学者、社会学者。ウィーン大学で数学、物理学、経済学、哲学を、ベルリン大学で現代論理学を学び、実証主義の影響下に、経済学から形而上(けいじじょう)学的要素の排除を試みるようになる。1920年代、ウィーン学団が結成されるとその中心メンバーの一人として活躍し、物理学の用語で表せない命題を退ける物理学主義を唱え、カルナップとともに左派といわれた。しかし、真理の基準については、概念間の整合性を重んずる整合説をとった。社会主義に関心が深かった。学団の解散後、オランダを経てイギリスに亡命し、そこで客死した。著書に『統一科学と心理学』(1933)、死後編集された『経験主義と社会学』(1973)などがある。[吉田夏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノイラートの関連キーワードモリス(Charles William Morris)モリッツ シュリックリッベントロッププロトコル命題ISOTYPEホスバッハ覚書12月10日ピクトグラムアイソタイプ吉田夏彦サビニー2月2日物言語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノイラートの関連情報