コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統一科学 とういつかがくeinheitliche Wissenschaft; unified science

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統一科学
とういつかがく
einheitliche Wissenschaft; unified science

物理学主義 physicalismともいう。ウィーン学団に属する R.カルナップ,O.ノイラートらが唱えた論理実証主義的な立場の主張。彼らは,物理学的言語は普遍言語であって,単にいわゆる自然科学だけではなく哲学や心理学などのいわゆる精神科学の命題もプロトコル命題 Protokollsatz (検証可能な原子命題) に還元され,物理的言語で表現され,物理学的命題から構成されうるとして,従来の新カント派などの科学の区分に反対して,個別科学を一つの統一的科学としてとらえようとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とういつ‐かがく〔‐クワガク〕【統一科学】

《〈ドイツ〉Einheitswissenschaft論理実証主義の立場から、物理学を基礎にして諸科学を一貫した体系に統一しようという主張。また、その運動。ウィーン学団カルナップ・ノイラートらが代表者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とういつかがく【統一科学】

すべての科学はその方法において一つであるという認識に立ち、論理実証主義の立場から物理学を基礎にして諸学を統一しようという主張およびその運動。ウィーン学派のシュリック・カルナップ・ノイラートらが中心となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

統一科学
とういつかがく
unified science英語
Einheitswissenschaftドイツ語

科学の各個別領域を、原理に基づいた一貫した体系として組織しようとする試みで、とくにウィーン学団のそれをさして用いられる。天文学、力学、化学、生物学などの科学のいろいろな分野を統一的に把握することは、古くから哲学者によって考えられてきたが、「統一科学」と固有名詞的にいわれるのは、その問題に対して、1930年代にウィーン学団の論理実証主義者によって試みられた考え方をさす。カルナップ、ノイラートらがその代表者である。論理実証主義者は、言語主義、還元主義、の二つの原理によって統一科学を試みた。
 言語主義とは、科学の各分野の統一の問題を考えるにあたり、用いられている言語に注目して、その論理的な関係を分析し、公理的な演繹(えんえき)体系として統一科学を試みたことをいい、還元主義とは、科学の各分野すべてを一領域に還元できるという考え方であり、その領域としては、直接経験を表す感覚所与、あるいは物理学が考えられた。この二つの原理に対しては、論理実証主義の外部からさまざまな批判がなされたが、その内部でも、還元を実行しようとするとさまざまな困難のあることがわかり、当初の試みは挫折(ざせつ)し、統一科学ということばも、しだいに使われなくなっていった。[横山輝雄]
『エイヤー著、吉田夏彦訳『言語・真理・論理』(1955・岩波書店) ▽フィードラー著、岩崎允胤訳『自然科学と社会科学の統一』(1971・大月書店) ▽ライヘンバッハ著、市井三郎訳『科学哲学の形成』(1955・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の統一科学の言及

【ノイラート】より

…また,論理実証主義の哲学者として,ウィーン学団の創設にあずかった。はじめ,マルクス主義的経済学を唱えたが,やがて,社会科学全体を物理学と同一方法による時空的経験科学とする物理主義へとおもむき,〈統一科学〉という運動を推進した。科学哲学国際会議を創始し,統一科学協会をハーグ(現在はボストンにある)に設立し,科学哲学の普及に尽くした。…

【論理実証主義】より

…その思想内容の特質は以下の諸点に要約されよう。(1)科学的世界把握 ウィーン学団の最初のテーゼは〈統一科学Einheitswissenschaft〉であった。すなわち,19世紀以降細分化の一途をたどってきた諸々の学問を統一し,その上に立って過去の多くの形而上学的世界観とは異なる〈科学的世界把握〉を行おうとするものである。…

※「統一科学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

統一科学の関連キーワードモリス(Charles William Morris)Einheitswissenschaftチャールス・ウィリアム モリスウィーン学派行動科学科学哲学モリス未来学西周

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android