コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノスリ ノスリ Buteo japonicus; eastern buzzard

3件 の用語解説(ノスリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノスリ
ノスリ
Buteo japonicus; eastern buzzard

タカ目タカ科。中型のタカ。かつてノスリはアフリカ大陸とユーラシア大陸に分布する 1種に分類されていたが,今日では分布の西部の鳥はヨーロッパノスリ B. buteo,東部の鳥はノスリとしてそれぞれ独立した種に分けられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノスリ

タカ科の鳥。翼長38cm。背面は暗褐色,腹面は黄白色で暗褐色の縦斑が散在。ユーラシア大陸中南部とアフリカの一部に分布。日本では北海道,本州,四国,伊豆七島の山地の林で繁殖し,冬は全国の低山や低地に漂行,農耕地や市街地の公園にも見られる
→関連項目タカ(鷹)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノスリ
のすり /
common buzzard
[学]Buteo buteo

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシアの中部で繁殖し、冬はすこし南へ移動するものもある。地方名をマグソタカともいう。日本では四国以北で繁殖し、留鳥または漂鳥である。ほかに、小笠原諸島(おがさわらしょとう)と大東諸島(だいとうしょとう)にそれぞれ留鳥として分布するものがある。全長約54センチメートル、幅の広い翼と短い円形の尾をもった中形のタカで、体の上面は褐色、下面は淡褐色で、わきは黒褐色をしている。低山の森林にすみ、付近の草原や耕地などの開けた場所で餌(えさ)をあさる。獲物はおもにネズミなどの小形哺乳類(ほにゅうるい)であるが、ヘビ、トカゲなどもとる。羽ばたかないで輪を描いて飛ぶことが多く、停空飛翔(ひしょう)をよく行う。秋から冬には、低地の農耕地や干拓地、市街地の公園にもくる。ピーエーと鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノスリの関連キーワードギンダラマガモ神楽鮫茅潜草鷸土蛙ノスリ(鵟)ハイタカ(鷂)ミサゴ(鶚)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノスリの関連情報