ハイイロガン(英語表記)Anser anser; greylag goose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハイイロガン」の解説

ハイイロガン
Anser anser; greylag goose

カモ目カモ科。全長 74~91cmの大型のガンで,ヨーロッパ北アメリカで飼われているガチョウの原種。羽色は全体に灰褐色で,頭部が濃く,胸から腹が淡く,脇から腹には淡褐色の横縞が密に入る。体の背面は羽毛の縁が白っぽく,うろこ模様になる。尾羽の中央は褐色だが,周囲や下尾筒が白い。と脚は肉色がかった桃色。ヨーロッパからユーラシア大陸中央部を横切り,シベリア南部,東アジア北部にかけて繁殖するが,ヨーロッパでは繁殖分布が不連続に分散している。巣はアシなど水辺の草の間に草を敷いてつくる。繁殖を終えると,ヨーロッパ南部や北アフリカに分散して,また中東からインド北部を経て中国南部,東部にまで渡って越冬する。オーストラリア南部の東西では移入された鳥が野生化している。日本には冬鳥または旅鳥(→渡り鳥)としてごくまれに渡来し,内湾,沼,湖などにすむ。草食で水草や陸上の草の根から芽,葉,種子,果実などを食べる。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハイイロガン」の解説

ハイイロガン
はいいろがん / 灰色雁
graylag goose
[学] Anser anser

鳥綱カモ目カモ科の鳥。中央ヨーロッパから南シベリアの東部までに分布する代表的な大形ガンであるが、日本にはまれに迷鳥が渡来するにすぎない。全長80センチメートル。嘴(くちばし)と足は、ヨーロッパ産は橙(だいだい)色、南シベリア産はピンクを帯び、体はほかのガン類より灰色である。本種はヨーロッパで家禽(かきん)化されてガチョウとなり、トゥールーズ、エムデンなど重量・肉用品種が作出され、また、肝臓が高価なフォアグラとして珍重される。

[黒田長久]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android