コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハザード(危害要因)

1件 の用語解説(ハザード(危害要因)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

ハザード(危害要因)

健康に悪影響をもたらす原因となる可能性のある食品中の物質または食品の状態。危害要因ともいう。
例えば、有害な微生物、農薬、添加物や人の健康に悪影響を与えうる食品自体に含まれる化学物質などの生物学的、化学的または物理的な要因がある。
(参考)生物学的、化学的または物理的なハザード(危害要因)について
生物学的要因・・・食中毒菌、ウイルス寄生虫など
化学的要因・・・・・農薬、添加物など
物理的要因・・・・・異物、放射線など

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハザード(危害要因)の関連キーワード悪因自滅福因不摂生アテローム斑ミリスチシンルグロシンルブロスカイリン地政学リスク(Geopolitical risk)リスク分析

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone