ハッカ(客家)(読み)ハッカ(英語表記)Hakka; Ke-jia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッカ(客家)
ハッカ
Hakka; Ke-jia

中国の広東省を中心に広西,福建,江西の諸省に住み,移住民として在来の住民 (本地人) から区別されてきた住民をいう。ハッカ広東方言で,クーチヤすなわち客人の意。かなり古く,華北から南方へ移住した漢民族の一派ともいわれ,広東語系のハッカ (客家) 方言を話す。農業,手工業に従事し,海外への移民も多い。劣等地を耕作する貧農が多く,地主層でも科挙受験を妨害されるなど,本地人から種々の差別を受け,しばしば械闘 (かいとう) を起した。洪秀全太平天国の指導者にはハッカ出身者が多い。今日では多くのハッカが台湾,ホンコンほか,東南アジア諸国に移住している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android