コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイメタル バイメタル bimetal

翻訳|bimetal

7件 の用語解説(バイメタルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイメタル
バイメタル
bimetal

熱膨張率の異なる2種の金属板を接着した一種の複合金属材料。温度変化によって湾曲する性質を利用し,温度計,自記温度計,温度自動調節用電気回路接点に使われる。不変鋼 (膨張率 1.2×10-6/℃ ) と銅合金 (同 18×10-6/℃ ) の組合せがよく使われるが,湾曲時に剥離しないように中間膨張率の第3種金属板をはさんだものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バイメタル(bimetal)

熱膨張率の異なる2種の金属板をはり合わせたもの。温度が上がると低膨張側へ曲がる。サーモスタット・温度計などに利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バイメタル

熱膨張率が異なる2種の金属片を重ねて接着した感温体。温度変化による変形を自動スイッチや温度計などに利用する。→サーモスタット
→関連項目インバーガス炊飯器クラッド板

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

バイメタル

 熱膨張率の違う2種類の薄い金属板を一枚に張り合わせたもので,温度計やサーモスタットなどに利用する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バイメタル【bimetal】

熱膨張係数の異なる2種の金属板を圧延法ではり合わせ,温度が変化したときに湾曲するようにしたもの。比較的小さい温度変化をかなり大きな変位に変換する機能がある。これを利用して温度計として用いたり,あるいは温度変化を検出して自動的に働くスイッチとして家庭用電気機器などに広く使用されている。バイメタルに使用される材料は,低膨張材としてはインバーなどの熱膨張のきわめて小さい合金,高膨張材としてはニッケルクロム‐鉄合金,ニッケル‐マンガン‐鉄合金,マンガン‐銅‐ニッケル合金などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バイメタル【bimetal】

熱膨張率の異なる二種の金属の薄板を貼り合わせ、温度変化に伴い湾曲するようにしたもの。温度計・温度調節器などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイメタル
ばいめたる
bimetals

熱膨張係数の異なる2枚の合金薄板を張り合わせて1枚の板とし、温度変化に伴う各合金の伸びの違いによる曲がり(温度上昇に伴い低膨張材側へ曲がる)を利用するもの。この曲がりをそのまま(拡大して)利用するものに、バイメタル温度計や温度自動記録計がある。さらに、この曲がりにより電気接点を開閉する温度調節計などがある。もっとも代表的な例は青銅(銅‐スズ合金)とアンバー(鉄‐ニッケル合金)の組合せで、この場合には線熱膨張係数の差は1℃当り1.8×10-5となる。用途により各素材の厚さを変えたり、中間に別の金属を挟んだりして、曲がりの程度や強さを加減する。普通のバイメタル温度計の目盛り範囲は零下20~プラス150℃程度のものが多いが、青銅‐アンバーの組合せでは最高650℃までは使用可能である。[及川 洪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバイメタルの言及

【インバー】より

…熱膨張を嫌う標準尺など精密計測機器の部品材料として使われる。身近の応用例としてはバイメタルがある。鉄Fe63.5%,ニッケルNi36.5%のものをとくにいうが,同様のインバー特性を示すものは,鉄‐白金(Fe‐Pt)系,鉄‐鉛(Fe‐Pb)系あるいはクロムCr基合金にもある。…

※「バイメタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バイメタルの関連キーワード金属温度計チルドロール膨張係数温度係数線膨張係数体膨張係数ゲイ=リュサックの第一法則ジュール‐トムソンの膨張係数ブシネスクの近似(流体力学)標準尺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイメタルの関連情報