コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼル条約 バーゼルじょうやく Treaty of Basel

8件 の用語解説(バーゼル条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーゼル条約
バーゼルじょうやく
Treaty of Basel

1795年4月5日,スイスバーゼルで締結されたフランス共和国とプロシアとの和平条約。プロシアはライン川をフランスの東部国境として認めることに同意し,フランス軍はライン右岸を明渡すが,全般的平和の到来まで左岸のプロシア領を暫定的に引続き占領することになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーゼル条約
バーゼルじょうやく
Basel Convention on the Control of Transboundary Movements of Hazardous Wastes and their Disposal

正式名称は「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」。有害廃棄物の処理をその発生国に原則として義務づけ,有害廃棄物の越境移動の際の国際的な安全基準の確保,移動される側の国と通過国への事前通報とそれらの国の同意を得る義務,不法移動の防止,処罰のための措置などを義務づけた条約。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

バーゼル条約

1980年代に欧州からアフリカへの有害廃棄物の不法輸出事件などが相次ぎ、国連環境計画(UNEP)を中心にルール作りを検討。89年に有害廃棄物の輸出について許可制、事前審査制を導入、不適正な輸出入が行われた場合は政府に引き取りの義務付けなどを設けたバーゼル条約が採択され、92年5月に発効した。これに伴い日本では、環境庁(現・環境省)と通産(現・経済産業)省がバーゼル国内法を制定。バーゼル法の規制の対象となっている有害廃棄物を輸出入する際、事業者が申請書類を経済産業省に提出すると、環境省が相手国に同意の確認を求めるなどチェックする。2005年の日本からの有害廃棄物の輸出は101件、6766t。輸入は同113件、5405t。鉛蓄電池、使用済み触媒などが多い。

(杉本裕明 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バーゼル条約

有害廃棄物の国際的な移動や処分を規制する条約。89年に採択され、92年発効。コートジボワールを含め169カ国・機関が加盟する。80年代、イタリアノルウェーからポリ塩化ビフェニール(PCB)を含む廃棄物の変圧器が大量にナイジェリアに捨てられたココ事件(88年)など、先進国から輸出された有害廃棄物が環境を破壊する事件が多発したことをきっかけにつくられた。

(2007-03-07 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バーゼル‐じょうやく〔‐デウヤク〕【バーゼル条約】

Basel Convention》1989年3月、ユネップ(国連環境計画)がスイスのバーゼルで採択した、有害廃棄物の国際移動を規制する条約。1992年5月発効。日本は平成4年(1992)に批准。対象物質は、PCB水銀をはじめとする47品目。国際移動は、輸出国に処理する技術がない場合か、相手国で再生利用される場合に限って認められ、両国政府の許可が必要となる。バーゼル法。正式名称は「有害廃棄物の越境移動及びその処分の管理に関するバーゼル条約」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バーゼル条約【バーゼルじょうやく】

有害廃棄物の越境移動によって人の健康,環境に損害が生じることを防止するため,1989年3月,バーゼル(スイス)で開かれた国連環境計画(UNEP)主催の外交会議で採択された条約。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

バーゼルじょうやく【バーゼル条約】

正称、有害廃棄物等の越境移動およびその処分の規制に関する条約。ヨーロッパの有害廃棄物がアフリカに投棄されたことなどをきっかけに1989年バーゼルで採択、92年発効。日本は93年加入。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーゼル条約
ばーぜるじょうやく
Basel Convention

有害廃棄物による汚染の防止を目的とする条約。正式名称は「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約Basel Convention on the Control of Transboundary Movements of Hazardous Wastes and their Disposal」であり、1989年3月に採択され、1992年5月に発効した。
 1976年にイタリアのセベソにある農薬工場で爆発事故が起き、汚染された土壌が国外へ持ち出されたため、ヨーロッパ共同体(EC)や経済協力開発機構(OECD)によって有害物質の越境移動の規制が検討された。その後、1988年にイタリアなどからナイジェリアに持ち込まれた発癌(がん)性化学物質を含む有毒廃棄物により深刻な汚染被害が発生した。また、同様の事件がアフリカおよびカリブ地域で続出したため、国連環境計画(UNEP)によって国際的な条約作成のための作業が進められた。
 この条約は、発生国および輸出国に第一次的な責任と義務を負わせている。その規制の対象とされる物質は、毒性、揮発性、感染性、腐食性などの有害性を有する廃棄物であり、再利用されるものも含まれる。これらの物質は、輸送と最終的処分が環境的に健全である場合に限って輸出が認められる。有害廃棄物の行方不明防止のために、輸出者から最終受領者に至るまでを監視するための事前通告および事後報告手続ならびに情報管理手続が定められている。違反に関する通報制度も定められている。なお、輸出国は、契約条件に反する場合には、輸出した廃棄物を再輸入しなければならないとされている。
 なお、規制の強化を求めて1995年に、先進諸国から開発途上国への輸出を全面禁止する改正が採択された。しかし、発効に至らないため、2011年の締約国会議において、その発効を促進するための決議が採択された。
 他方で、1999年12月には、有害廃棄物の国際移動および処分に伴う損害に対する責任および補償に関する議定書が採択された。それは、有害廃棄物の越境移動と処分に伴う損害に対して賠償責任および十分な補償のための総合的な制度を樹立することを目的としている。通告者、処分者、輸出者または輸入者には厳格責任が適用され、保険、保証金またはその他の財政保証措置を用意しておくことが義務づけられている。
 補償については、有害廃棄物の積載量に応じて段階的な限度額の下限(たとえば、25~50トンは400万SDR(国際通貨基金の特別引出権)以上、同1000~1万トンは1000万SDR以上など)が定められているが、具体的な金額の設定は各国の国内法に委ねられている。この補償が実際の損害額を下回る場合に備えて、既存の基金制度を用いて十分かつ迅速な補償のための追加的および補足的措置をとることが予定されている。この議定書は2011年末時点で未発効である。
 この条約に対し、日本では「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)」(平成4年法律第108号)が対応しており、輸出入については、「外国為替及び外国貿易法」も関係している。[磯崎博司]
『東レリサーチセンター編・刊『バーゼル条約と行政・企業の対応――対象となる有害廃棄物をめぐる研究開発の状況』(1992) ▽環境庁水質保全局廃棄物問題研究会編著『バーゼル新法Q&A 「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律」のポイント』(1993・第一法規出版) ▽高月紘・酒井伸一著『有害廃棄物――クリーン、サイクル、コントロールの視点から』(1993・中央法規出版) ▽日本環境衛生センター編・刊『バーゼル条約国内法法令集 特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律及び関係法令』(1994) ▽水上千之・西井正弘・臼杵知史編『国際環境法』(2001・有信堂高文社) ▽石野耕也・磯崎博司・岩間徹・臼杵知史編『国際環境事件案内――事件で学ぶ環境法の現状と課題』(2001・信山社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバーゼル条約の言及

【スペイン】より

…スペイン継承戦争以降,同族関係にあったスペインとフランスは同盟を結んでいたが,92年にパリ革命政府がルイ16世を処刑し,スペインに宣戦布告をすると,スペインはヨーロッパの王政諸国と歩調を合わせ,革命政府打倒の方針を打ち出した。しかし,革命政府との戦い(1793‐95)では,カタルニャ地方やバスク地方が自らのナショナルな感情と王政擁護の立場から果敢な抵抗を試みたものの,スペインは敗北し,戦後処理のために結ばれたバーゼル条約(1795)で,領有していたサント・ドミンゴ島の半分をフランス革命政府へ割譲した。この敗北を機に,カルロス4世の寵臣M.ゴドイは,スペインの海外植民地へ触手をのばし始めたイギリスに対抗するためにも,フランス革命政府,次いでナポレオンに対して宥和政策を打ち出した。…

【対仏大同盟】より

…前後7回にわたり,ほとんどすべてのヨーロッパ諸国がそのいずれかに参加してフランスと戦ったが,全体を通じてこれらの同盟の中心となったのはイギリスであり,第1次から第5次まではフランスの勝利に,第6,7次はフランスの敗北に終わった。第1次は,1792‐93年にオーストリア,プロイセン,イギリス,オランダ,スペインなどの間で結ばれたが,フランスとプロイセン,スペインとのバーゼル条約(1795)およびオーストリアとのカンポ・フォルミオ条約(1797)によって解消した。第2次は,98年にイギリス,ロシア,トルコ,オーストリア,両シチリアなどの間で結ばれたが,オーストリアとのリュネビル条約(1801)およびイギリスとのアミアン条約(1802)によって解消した。…

※「バーゼル条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーゼル条約の関連キーワードアフリカ菫アフリカ舞舞アフロブラックアフリカホワイトアフリカSADCCサブアフリカサブサハラアフリカ汎アフリカ主義アフリカデー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーゼル条約の関連情報