コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレストリーナ Palestrina, Giovanni Pierluigi da

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレストリーナ
Palestrina, Giovanni Pierluigi da

[生]1525頃.パレストリーナ
[没]1594.2.2. ローマ
イタリアの作曲家。 1537年にローマのサンタ・マリア・マジョーレ聖堂の少年聖歌隊に加わっていたといわれる。 44年生地の大聖堂のオルガン奏者兼聖歌隊員に任命され,51年ローマのサン・ピエトロ大聖堂のジュリア礼拝堂の楽長に就任。 55年教皇パウルス4世の即位とともに,既婚を理由に教皇庁の礼拝堂を追われてサン・ジョバンニ・ラテラノ聖堂に移り,61年サンタ・マリア・マジョーレ聖堂の楽長となった。 65年ピウス4世から教皇庁礼拝堂作曲家の称号を受け,71年ジュリア礼拝堂の楽長に返り咲いた。ルネサンスの声楽ポリフォニーにおける純粋対位法の技法を基礎に調和のとれた「パレストリーナ様式」を確立。作品は 12巻のミサ曲集など宗教曲 500曲以上,イタリア語によるマドリガーレなどの世俗音楽 180曲以上。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パレストリーナ(Giovanni Pierluigi da Palestrina)

[1525ころ~1594]イタリアの作曲家。教会音楽にすぐれ、16世紀の対位法様式を完成。作品にミサモテットなど多数。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

パレストリーナ

イタリアの作曲家。ルネサンス後期を代表する作曲家の一人。本名ジョバンニ・ピエルルイジ。ローマ近郊のパレストリーナの生れとされ,そこからパレストリーナと呼びならわされているが,生地についてはローマ説もある。
→関連項目キリスト教音楽グノースタバト・マーテルフィッツナーレクイエム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パレストリーナ【Giovanni Pierluigi da Palestrina】

1525ころ‐94
イタリアの作曲家。ローマ近郊のパレストリーナに生まれたと推察されているが,その確証はなく,またそれがいつであったかも不詳であるが,68歳で没したという当時の証言から1525年ころと推定される。少年時代の37年にすでにローマのサンタ・マリア・マッジョーレ教会の聖歌隊に属し,44年ころから51年にはパレストリーナ大聖堂のオルガニストとして活躍した。51年9月に教皇ユリウス3世の招きを受けてローマに戻り,サン・ピエトロ大聖堂内のジュリア礼拝堂楽長に就任,54年には同教皇の保護のもとに最初の曲集《ミサ曲第1巻》を出版した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パレストリーナ【Giovanni Pierluigi da Palestrina】

1525頃~1594) イタリアの作曲家。一六世紀後半のカトリック教会音楽の一派(ローマ楽派)における中心人物。ミサ曲・モテットを中心とする無伴奏の多声合唱曲に傑出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パレストリーナ
ぱれすとりーな
Giovanni Pierluigi da Palestrina
(1525ころ―1594)

イタリアの作曲家。本名はジョバンニ・ピエルルイジだが、生地とされる地名にちなみパレストリーナと呼び習わされている。ローマで音楽教育を受け、一時ローマ近郊のパレストリーナの町で活躍したが、1551年以後、教皇庁礼拝堂聖歌隊をはじめ、ローマの主要な教会やセミナリオなどで活躍し、ローマで生涯を閉じた。パレストリーナは、ミサ曲、モテトゥス、オッフェルトリウム、イムヌス、マニフィカートなど、多種類のラテン語宗教作品を数多く残し、16世紀後半における最大の教会音楽家の1人とされているが、同時に、マドリガーレやカンツォーナなどのイタリア語による世俗作品も残した。その作風は、15世紀末以来のフランドル楽派の作曲家たちが用いてきた通模倣様式を基本とし、それに和声的な要素を巧みに組み込んだもので、順次進行の多い滑らかな旋律とも相まって、全体として、透明で清澄な美しさをたたえた性格をもっている。代表的な作品に、『ミサ・アスンプタ・エスト・マリア』、モテトゥス『谷川慕いて』、同『スターバト・マーテル』『インプロペリア』などがあり、それらは17世紀以後、教会音楽の手本とされるに至った。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパレストリーナの言及

【プラエネステ】より

…古代ローマのラテン人の都市。現在のパレストリーナPalestrina。ローマから東南東約30kmのアペニノ山中の高く涼しい場所にあった。…

【音楽】より

…16世紀末のL.マレンツィオやC.ジェズアルドのマドリガーレは特に大胆な半音階和声を駆使して強烈な感情表現を行い,世紀末的頽廃の香りさえただよわせ始める。16世紀後半のイタリアではまた,ローマのG.P.パレストリーナが教皇庁礼拝堂を中心に清澄な響きのうちでカトリック教会音楽の理想像を実現する一方,ベネチアのサン・マルコ大聖堂では,アンドレアとジョバンニの両ガブリエリを中心に二重合唱の技法や声と楽器の協奏様式が発達して,来たるべきバロック時代を準備する。16世紀の音楽に著しい多様化の傾向は,宗教改革によっても助長された。…

【キリスト教音楽】より

…ただし,他の宗教にも数多くの宗派宗旨があるように,キリスト教にも,カトリックとプロテスタントの二大教会の別があり,それぞれの内部に数多くの教派があって,音楽的伝統も一様ではない。芸術的に見た場合,それらの中でとくに重要なのは,パレストリーナやベートーベンのミサ曲によって代表されるローマ・カトリック教会,バッハのカンタータや受難曲によって代表されるルター派のドイツ福音主義教会,パーセルのアンセムやヘンデルのオラトリオによって代表される英国国教会,ボルトニャンスキーの教会コンチェルトによって代表されるロシア正教会などである。 イエス・キリストの生涯を書き記した新約聖書の福音書には,ただ1ヵ所だけ音楽に言及した個所がある。…

【対位法】より

…この手法は16世紀のモテットやミサ曲で多く用いられ,17~18世紀のフーガへと結晶する。教会旋法に基づく〈旋法的対位法modal counterpoint〉は16世紀後半のパレストリーナで頂点に達した。全音階的な順次進行を主体とする各声部の滑らかな動き,協和音の響きを重視して,不協和音の使用を厳しく制限した清澄な響きは,カトリック教会音楽の理想とたたえられた。…

【ポリフォニー】より

…続くフランドル楽派の時代には,各声部が互いに対等に同一旋律の模倣を行う通模倣様式が確立された。声楽ポリフォニーの頂点は16世紀後半のローマ楽派のパレストリーナによって築かれ,その豊かでなめらかな様式は,その後の対位法の規範となった。同じ頃ベネチア楽派においては器楽ポリフォニーの芸術も開花した。…

※「パレストリーナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パレストリーナの関連キーワードニコライ(Carl Otto Ehrenfried Nicolai)スタバト・マーテル・ドロローサカール・グスタフ フェレラーインノケンチウス13世ハンス フィッツナーニコラウス4世プフィッツナークレメンス3世ルネサンス音楽ダマスス2世プラエネステセシリア運動アニムッチャプフィツナーケルビーニ高野 広治ビクトリアマドリガルローマ楽派ア・カペラ

パレストリーナの関連情報