コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パータン

4件 の用語解説(パータンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パータン

ネパール東部,バグマティ川河岸の都市。ラリトプルLalitpurとも。カトマンズの南に接する7世紀以来のネワール人の古都。小麦,米など農産物の集散地。町の東西南北と中央(現存しない)にストゥーパがある。

パータン

巴塘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

パータン

杉本屋製菓株式会社が販売する菓子、「まけんグミ」のキャラクター。じゃんけんのパーの形をしている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パータン【Pātan】

ネパール,カトマンズ盆地南部のラリトプル郡の中心都市。ラリトプルLalitpurともいう。人口19万(1993)。盆地内の現存都市中最も古く,ほかの都市の伸長以前は首都となることが多かった。町は小宇宙として計画的につくられ,東西南北のはずれ(および現存はしないが中心)に半球形に土を盛り上げた大きなストゥーパが配置され,中心に王宮がある。これらのストゥーパアショーカ・ストゥーパと呼ばれることが多いが確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パータンの関連キーワードカトマンズネパールネパール語ポカラのらりくらりプルーデントマンルールダサインネパールと中印カトマンズの渓谷カトマンズの谷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パータンの関連情報