コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーラ・セーナ朝美術 パーラセーナちょうびじゅつ

1件 の用語解説(パーラ・セーナ朝美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パーラセーナちょうびじゅつ【パーラ・セーナ朝美術】

8~12世紀にインドビハールベンガル両地方(現在のインド東部とバングラデシュ)で展開した美術で,インド仏教美術の末期を代表し,セーナ朝治下ではヒンドゥー教美術も行われた。インドの他の地方では衰退した仏教もこの地方ではパーラ朝の諸王の保護をうけて最後の繁栄をみた。大乗仏教民間信仰を取り入れて密教(金剛乗)として新しい展開を遂げたのもこの時代である。ボードガヤーサールナートナーランダーなどの伽藍は増改築され,オーダンタプリーOdantapurī(古名ウッダンダプラ),ビクラマシラーVikramaśilā,パハールプル(古名ソーマプラ)などの伽藍が新しく造営された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パーラ・セーナ朝美術の関連キーワード尼連禅河ベンガルベンガル湾ビハールビハインドベンガル菩提樹ベンガル山猫ベンガルールベンガルタイガー摩訶陀

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone