コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリー[6世] ヘンリー

百科事典マイペディアの解説

ヘンリー[6世]【ヘンリー】

ランカスター朝イングランドの国王(在位1422年―1461年,1470年―1471年)。ヘンリー5世の子。治世中百年戦争が終結し,ばら戦争が始まった。1461年ヨーク家のエドワード4世に王位を追われ,ロンドン塔に幽閉される。
→関連項目ヨーク朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンリー[6世]【Henry VI】

1421‐71
ランカスター朝第3代のイングランド王。在位1422‐61,70‐71年。ヘンリー5世の長子。母方の祖父であるフランス王シャルル6世没(1422)後,フランス王をも称する。幼時に即位したため父方の叔父ベドフォード公を摂政とし,父の事業を継いだが,公の死(1435)後,対仏政策の行詰り,諸侯党争,財政破綻により王権が失墜した。母方祖父の精神病をうけつぎ発病(1453)。1455年,ヨーク公リチャードとの対立からばら戦争が始まり,61年リチャードの子エドワードによって王位を追われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘンリー[6世]の言及

【ばら戦争】より

…しかし,ばら戦争の結果,貴族層は深刻な打撃を被り,歴史上イギリスの中世は終りを告げ,チューダー朝の絶対主義時代に移行した。
[発端と経過]
 ランカスター朝3代目のヘンリー6世の治世に,ヨーク公リチャードはランカスター家以上にヨーク家の王位継承権が正当であると主張して決起,戦争は1455年セント・オールバンズの戦で始まった。これ以後,封建家臣団を擁して戦闘の機会をうかがっていた貴族がしだいにランカスター,ヨークの両派に系列化されて,断続的に戦闘が繰り広げられた。…

※「ヘンリー[6世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘンリー[6世]の関連キーワードヘンリー[5世]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android