コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメクイナ Porzana pusilla; Baillon's crake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメクイナ
Porzana pusilla; Baillon's crake

ツル目クイナ科。全長 20cm。羽色には濃淡など変異があるが,頭上から背面はオリーブ褐色で,背や雨覆羽には黒い縦斑と白い小斑が散在する。虹彩は赤く,額から眉と喉から腹は濃灰色。脇上部はオリーブ褐色で,腹と下尾筒は白と黒の横縞模様。旧世界温帯から熱帯に広く分布する。分布域の北部のヨーロッパ南部からロシア南部,モンゴル東アジアサハリン島,日本までは夏鳥(→渡り鳥)で,南部のアフリカ南部,スマトラ島フィリピンの一部,オーストラリアニュージーランドでは留鳥である。繁殖期湿原にいることが多く,水ぎわの地面や草上に草でわん形の巣をつくる。南アジアや東南アジア,日本などで越冬し,河原や湖沼沿岸,海岸の後背地,水田などの湿原に生息する。日本では東北地方北部に夏鳥として,琉球諸島に冬鳥として渡来するが,全国に観察例がある。昆虫類,ミミズ,草の種子などを食べる。「きょっきょっきょっきょっ」と鳴く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒメクイナの関連キーワード遊動円木最上型重巡洋艦海氷マベガイイワシアブラギリ(油桐)アマノリ(甘苔∥甘海苔)イイギリカズノコグサカラスムギ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android