ヒーロー(英語表記)hero

翻訳|hero

デジタル大辞泉の解説

ヒーロー(hero)

敬慕の的となる人物。英雄。「国民的ヒーロー
劇・小説などの、男の主人公。⇔ヒロイン
スポーツの試合などで、特に活躍した人。「プロ野球のヒーローインタビュー」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ヒーロー

韓国のテレビドラマ。2009年11月放映開始(全16話)。出演は、イ・ジュンギ、ユン・ソイ、オム・ギジュンほか。

ヒーロー

アメリカのシンガー・ソングライター、マライア・キャリーの曲。アルバムミュージック・ボックス」(1993年)からのシングル。4週連続全米第1位を獲得原題Hero》。

ヒーロー

1984年公開のアメリカ映画「フットルース」の挿入歌。ウェールズ出身のシンガー、ボニー・タイラーが歌い、全米第34位を獲得。日本では麻倉未稀がカバーし、テレビドラマの主題歌にも使用された。原題《Holding Out For A Hero》。

ヒーロー

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、ウルフルズ。2014年発売のアルバム「ONE MIND」収録曲。作詞・作曲:トータス松本。テレビ朝日系で放送のドラマ「刑事110キロ 第2シリーズ」の主題歌。

ヒーロー

明治時代に村井兄弟商会が販売していた紙巻たばこ。原料にアメリカ産の輸入葉タバコを使用。1894年発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ヒーロー【hero】

英雄。勇士。
はなばなしい活躍をした人。 「今日の試合の-は君だ」
小説・演劇などで、男の主人公。
▽⇔ ヒロイン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現代外国人名録2012の解説

ヒーロー
Hero


国籍
韓国

専門
歌手

本名
キム/ミンス

グループ名
グループ名=SM☆SH(スマッシュ)

生年月日
1991/10/12

経歴
歌謡界のヒーローになるようにという願いを込めて“ヒーロー”と命名。1990年代に活躍した韓国の男性アイドルグループ“H.O.T”の元メンバー、トニー・アンが自らメンバーを発掘し誕生させた5人組男性ダンスボーカルグループ“SM☆SH”に参加。グループの最年少でボーカルを担当。SM☆SHという名前には、前向きで積極的に突き進むグループになるようにという願いが込められている。他のメンバーは、セゲ(リーダー)、ジェリー、ナル、ハンバン。2008年ミニアルバム「Open Fire!」で韓国デビュー。2010年にはシングル「Lunatic」で日本メジャーデビュー。手であごをなでる“ひげ剃りダンス”など特徴的なダンスパフォーマンスで話題を呼ぶ。他のシングルに「TRUE LOVE」「Do it Do it!」がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒーローの関連情報