コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビゼンクラゲ ビゼンクラゲRhopilema esculenta

5件 の用語解説(ビゼンクラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビゼンクラゲ
Rhopilema esculenta

刺胞動物門鉢虫綱根口クラゲ目ビゼンクラゲ科。傘は半球状で,ゼラチン質は厚くて硬く,通常直径 30cmほどであるが,ときに 50cmに達するものもある。全体青藍色または淡青色で,触手乳白色である。傘の縁は多数の弁に分かれ,感覚器が 8個ある。口腕は 8本で比較的短いが,それぞれ 3部に分かれ,多くのひだがある。小触手や棒状の付属物が多数ある。本州中部から瀬戸内海,九州などに分布し,中国沿岸からも知られている。傘を石灰とミョウバン水に漬け,塩蔵してから食用にする。(→クラゲ刺胞動物鉢虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビゼンクラゲ

ハチクラゲ類ビゼンクラゲ科の腔腸(こうちょう)動物。傘(かさ)は半球状で直径20〜30cm,ときに100cmに及ぶ。寒天質は厚くて堅い。8本の口腕には多くの付属器と触手がある。
→関連項目クラゲ(水母)ハイチョー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ビゼンクラゲ

 [Rhopilema esculenta].ビゼンクラゲ目ビゼンクラゲ亜目ビゼンクラゲ属のクラゲ.食用にする.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビゼンクラゲ【Rhopilema esculenta】

ハチクラゲ綱ビゼンクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。有明海瀬戸内海,黄海,東・南シナ海に分布する。〈備前〉の名は明治年間に岡山県児島湾でこのクラゲの小規模な漁を行い,食用にしていたことによる。俗称アカクラゲ(有明海沿岸地方による)。傘は半球状で,直径30cmほどであるが,1mくらいになるものもある。寒天質は厚くて硬く,全体が濃褐色,紫紅色,淡青色や乳白色など変異がある。傘の縁には触手はないが,8個の感覚器がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビゼンクラゲ
びぜんくらげ / 備前水母
[学]Rhopilema esculentum

腔腸(こうちょう)動物門ハチクラゲ綱根口(ねくち)クラゲ目ビゼンクラゲ科に属する海産動物。傘は半球状あるいはそれより高く、直径25~30センチメートルほどであるが、ときにはさらに大形となる。寒天質はきわめて厚く堅い。全体は青藍(せいらん)色ないし淡青色、触手は乳白色を帯びることが多い。傘縁に8個の感覚器があり、また多数の縁弁に分かれている。下傘の口部は寒天質が厚く円柱状で、そこに8個の大形の肩板があり、それらの上部には多くのひだがある。下傘から垂れ下がる口腕は8本で比較的短く、おのおの3翼に分かれ、それら翼は複雑なひだをつくっている。腕や肩板上のひだの間からは多数の小触手や棒状付属物がみられる。下傘の各間軸には円形の生殖腺(せん)下腔があり、各1個の小さな寒天質の突起をもつ。また、下傘には環状筋が発達している。
 本種は、古来、瀬戸内海児島(こじま)湾に多く産し、そのためビゼンクラゲの名を得たが、実際には本州中部より九州までの沿岸に広くみられるものであり、また中国沿岸からも知られている。このクラゲは古くから食用とされ、江戸時代には岡山藩から幕府へ毎年献上されていたという。新鮮なものを石灰とみょうばん水に浸(つ)け、それを乾燥あるいは塩漬けにして保存し、使用するときに水にもどして食用に供する。中国料理に広く用いられる。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビゼンクラゲの言及

【クラゲ(水母)】より

… ヒドロ虫綱の中でバレンクラゲカツオノエボシ(イラスト)などのクダクラゲ(管水母)類は食物を消化する栄養ポリプ,刺胞をもった触手で餌をとらえる指状ポリプ,生殖を行う生殖ポリプなど,それぞれ役目の異なっているポリプが一つの気胞体の下に集合して浮遊生活をしている。ハチクラゲ類は一般に大型で,ビゼンクラゲでは直径が1m以上にもなる。傘の中には半透明な中膠が厚く充満しているが,タコクラゲなどでは中膠内に藻類が共生していて褐色になっている。…

※「ビゼンクラゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビゼンクラゲの関連情報