ビタミンB6(読み)ビタミンビーろく(英語表記)vitamin B6

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB6
ビタミンビーろく
vitamin B6

ピリドキシン,ピリドキサルピリドキサミンが含まれる。ピリドキシンは水溶性で蛋白質代謝に関連が深く,これが欠乏すると,蛋白質から炭水化物,脂肪への転換が押えられる。米ぬか,胚芽,酵母,肝臓に多く含まれる。ビタミン B6 欠乏症では,ペラグラ様皮膚炎,脂漏性皮膚炎,食欲不振,吐き気,口唇炎,B6 反応性鉄芽球性貧血などが起る。1日 10~50mgを内服または注射すると,症状は消失する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ビタミンB6

 C8H9NO3 (mw167.16)(pyridoxal),C8H12ClNO3 (mw205.64)(pyridoxine hydrochloride),C8H14Cl2N2O2(mw241.12)(pyridoxamine dihydrochloride).

 B群ビタミンの一つ.化学物質としては,ピリドキサール,ピリドキサミン,ピリドキソールがある.

 図は,上から,ピリドキソール(ピリドキシン),ピリドキサール,ピリドキサミン.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーろく【ビタミンB6

水溶性ビタミンのひとつ。たんぱく質の代謝に不可欠な補酵素。皮膚炎を予防する物質として発見されたビタミン魚類肉類鶏卵豆類などに多く含まれる。大脳や神経の刺激伝達物質を生成し、脳機能を維持する働きをもつほか、赤血球中のヘム合成に関わり血液をサラサラに維持、皮膚や粘膜抵抗力の向上、免疫力強化、貧血症予防・改善、動脈硬化症の予防などさまざまな作用をもつ。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ビタミン‐ビーろく【ビタミンB6

〘名〙 水溶性ビタミンの一つ。ビタミンB複合体の一つ。酵母・米糠・卵黄などに含まれる。抗皮膚炎因子の一つ。無色の柱状結晶。欠乏すると口内炎・皮膚炎・神経炎などを起こす。ピリドキシン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビタミンB6の関連情報