コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB6 ビタミンビーろくvitamin B6

5件 の用語解説(ビタミンB6の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB6
ビタミンビーろく
vitamin B6

ピリドキシン,ピリドキサルピリドキサミンが含まれる。ピリドキシンは水溶性で蛋白質代謝に関連が深く,これが欠乏すると,蛋白質から炭水化物,脂肪への転換が押えられる。米ぬか,胚芽,酵母,肝臓に多く含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビタミン‐ビーろく【ビタミンB6

ビタミンB複合体の一。米ぬか酵母・卵黄などに含まれ、たんぱく質代謝に関与する。欠乏では口内炎・皮膚炎・神経炎などがみられる。ピリドキシン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ビタミンB6

 C8H9NO3 (mw167.16)(pyridoxal),C8H12ClNO3 (mw205.64)(pyridoxine hydrochloride),C8H14Cl2N2O2(mw241.12)(pyridoxamine dihydrochloride).

 B群ビタミンの一つ.化学物質としては,ピリドキサール,ピリドキサミン,ピリドキソールがある.

 図は,上から,ピリドキソール(ピリドキシン),ピリドキサール,ピリドキサミン.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーろく【ビタミンB6

水溶性ビタミンのひとつ。たんぱく質の代謝に不可欠な補酵素。皮膚炎を予防する物質として発見されたビタミン。魚類、肉類、鶏卵、豆類などに多く含まれる。大脳や神経の刺激伝達物質を生成し、脳機能を維持する働きをもつほか、赤血球中のヘム合成に関わり血液をサラサラに維持、皮膚や粘膜の抵抗力の向上、免疫力強化、貧血症の予防・改善、動脈硬化症の予防などさまざまな作用をもつ。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビタミンB6
びたみんびーろく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビタミンB6の関連情報