ビベロ(英語表記)Rodrigo de Vivero y Velasco

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ビベロ Vivero y Velasco, Don Rodrigo de

1564-1636 スペインのフィリピン臨時総督。
1609年(慶長14)マニラからメキシコにむかう途中,上総(かずさ)(千葉県)岩和田海岸の岩礁で難破。救出されて徳川家康,秀忠と会見した。翌年田中勝介らを同行し,日本船でメキシコに帰任。日本とメキシコの貿易開始につくした。日本ではロドリゴで知られる。享年72歳。著作に『ドン=ロドリゴ日本見聞録』。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビベロ【Rodrigo de Vivero y Velasco】

1564‐1636
メキシコ生れのスペイン人。日本ではロドリゴとして知られる。メキシコ副王ベラスコに連なる名門で,13歳のときスペインへ渡り,宮廷で教育を受け,成人してメキシコに戻った。サン・フアン・デ・ウルア城塞守備隊長兼市長(1595),タスコ市長(1597),ヌエバ・ビスカヤ地方長官兼軍司令官(1599)などの重職を歴任し,軍事・行政面で手腕を振るった。1608年フィリピン臨時総督として派遣され,09年(慶長14)帰国のさい暴風雨によって上総岩和田に漂着し,救出された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビベロ【Rodrigo de Vivero y Velasco】

?~1636) スペインの軍事・行政官。1609年フィリピンからメキシコに帰任の途中遭難し、上総国(千葉県)岩和田に漂着。徳川家康に謁見し、メキシコ貿易を依頼され帰国した。ロドリゴ。著「日本見聞録」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビベロ
びべろ
Rodrigo de Vivero y Aberrucia
(?―1636)

スペインのフィリピン臨時総督。日本ではロドリゴの名で知られる。メキシコで累進し、1608年フィリピン臨時総督に任命された。着任早々に、マニラで暴動を起こし捕らえられていた日本人の追放・送還を日本に通知し、同時にマニラ渡航日本船の制限を求めて、徳川家康・秀忠(ひでただ)の答書を得る。翌1609年(慶長14)メキシコに帰航途中、上総(かずさ)国(千葉県)岩和田(いわわだ)海岸で難破、乗組員50余人を失った。彼は救助されて、家康・秀忠に謁し、田中勝介(しょうすけ)(勝助)らの日本船でメキシコに送還された。家康の要請を受け日本とメキシコの貿易開始に尽力。のち1620年パナマ地方長官兼司令官、1627年パリエ・デ・オリサバ伯爵。日本滞在中の見聞を記した『ドン・ロドリゴ日本見聞録』(村上直次郎訳『異国叢書(そうしょ) 8』所収)がある。[沼田 哲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ビベロ

(Don Rodrigo de Vivero y Velasco ドン=ロドリゴ=デ━イ=ベラスコ) スペインの植民地行政官。フィリピン臨時総督などを歴任。メキシコに帰任の途中、難破して下総(千葉県)の海岸に漂着。徳川家康に謁見し、メキシコ貿易を依頼された。滞日中の印象記「ドン=ロドリゴ日本見聞録」がある。一六三六年没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android