コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビロードキンクロ Melanitta fusca; velvet scoter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビロードキンクロ
Melanitta fusca; velvet scoter

カモ目カモ科。全長 51~58cm。成鳥の雄は全身が黒いが,に顕著な白帯があるほか,虹彩と眼下の三日月斑が白い。は黄色で縁が黒く,先端が赤い。また基部上には黒いこぶがある。雌は全身黒褐色で,嘴基部上と眼の後方に白斑がある。脚は雌雄とも濃い桃色。スカンジナビア半島からバルト海を経てシベリア西部のエニセイ川あたりまで繁殖分布する。越冬にはヨーロッパ西部沿岸やイタリア北部周辺,トルコ東部などに渡る。かつて亜種とされていたシベリアや北アメリカで繁殖する集団は,アメリカビロードキンクロ M. deglandi として独立種に分類された。この種が日本には冬鳥(→渡り鳥)として北海道本州の沿岸に多数渡来する。おもに湾内や内海に小群ですみ,内陸の湖沼に飛来することは少ない。浅い海底にすむ貝類などを潜水してとる。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビロードキンクロ
びろーどきんくろ
velvet scoter
[学]Melanitta fusca

鳥綱カモ目カモ科の鳥。新・旧大陸で亜種の差があるが、全北区の北極圏に繁殖し、冬は温帯の外海沿岸に渡来する大形のウミガモで、底生貝類など動物質を食べる。荒波の打ち寄せる沿岸に小群、ときにかなりの群れをなす。全長54~58センチメートル。雄は、黒い鼻瘤(びりゅう)と黄色に赤色の混じった上嘴(くちばし)、目の下の跳ね上がった形の白斑(はくはん)と、翼の次列風切(かざきり)の白帯が特徴で、そのほかは全身黒色、足は暗赤色。雌は全体に褐色で、顔部の下半分に淡色部がある。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビロードキンクロの関連キーワード黒田長久

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android