ピルグリム・ファーザーズ(英語表記)Pilgrim Fathers

翻訳|Pilgrim Fathers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピルグリム・ファーザーズ
Pilgrim Fathers

1620年信仰の自由を求めて現アメリカのマサチューセッツ州プリマスに入植した人々。それより 12年前に宗教的自由を求めてオランダのライデンに移住したイギリス分離派教会の 35名を含め,102人の清教徒がバージニア会社の植民地に入植する約束でイギリスのサザンプトン港から『メイフラワー』号でアメリカへ出発,20年 11月約束とは違うプリマスの地に到着。上陸に先立って「メイフラワー契約」を結んで自治政治団体を結成し,上陸後の苦難に耐えて植民地建設に励んだ。 21年6月には正式特許状を受けてプリマス植民地が誕生したが,91年にマサチューセッツ湾植民地に併合された。 1819年になって彼らの不屈な精神をたたえてピルグリム会が発足,20年 D.ウェブスターが彼らを「ピルグリム・ファーザーズ」と呼び,全国的にこの名が普及するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピルグリム・ファーザーズ

1620年,信仰の自由を求め,メーフラワー号で新大陸ニューイングランドに移住した英国の分離派ピューリタン。〈巡礼父祖〉と記される。W.ブラッドフォードの指導のもとプリマス植民地を建設。102名の移住者のうちにはオランダ,ライデンに宗教亡命していたピューリタン以外にも,英本国で集められた労働者が加わっていた。
→関連項目アメリカ合衆国コッド[岬]ニューイングランドピューリタンマサチューセッツ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピルグリム・ファーザーズ
ぴるぐりむふぁーざーず
Pilgrim Fathers

1620年メイフラワー号で北アメリカに渡ったピューリタンその他の人たち。巡礼始祖と訳される。ピューリタンのうち分離派とよばれる人々は、宗教的迫害から1608年オランダに逃れたが、ブラッドフォードらはさらにアメリカ大陸への移住を決意し、イギリスのサウサンプトンに寄ってイギリスからの参加者を加え、総勢102人(うちピューリタンは35人)で、20年11月北アメリカ沿岸に到着。船上でメイフラワー契約を結んだのち、同年12月21日マサチューセッツ州の沿岸(のちのプリマス)に上陸、最初の冬の間に半数以上が死亡したが、屈することなく、プリマス植民地の基礎を築いた。[松村 赳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android