コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファントホフ ファントホフvan't Hoff, Jacobus Henricus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファントホフ
van't Hoff, Jacobus Henricus

[生]1852.8.30. ロッテルダム
[没]1911.3.1. ベルリン
オランダの物理化学者。ライデン大学卒業後,ボン大学で F.ケクレに,パリ大学で C.ウュルツに化学を学び,アムステルダム大学講師 (1877) を経て,同大学教授 (78) 。のちベルリンのプロシア科学アカデミー (ベルリン大学) の教授に就任 (96) 。 1874年に炭素原子の正四面体構造説を発表して,立体化学の基礎を据え,化学平衡の理論,とりわけ質量作用の法則を明らかにし,化学親和力の理論を確立 (83) 。また化学反応速度論,溶液の浸透圧と蒸気圧降下の関係についての理論 (→ファントホフの浸透圧の法則 ) など,化学熱力学の発展に大きく貢献。ほかにシュタッスフルトの岩塩層の相律に基づく研究により,その成因を明らかにしたことでも知られる。 87年 W.オストワルトおよび S.アレニウスとともに物理化学専門誌"Zeitschrift für physikalische Chemie"を創刊。 1901年ノーベル化学賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ファントホフ【Jacobus Henricus van't Hoff】

1852~1911) オランダの物理化学者。炭素の正四面体構造にもとづいて光学異性を説明、立体化学の基礎を築く。また、反応速度、化学平衡、あるいは希薄溶液の浸透圧を熱力学的に取り扱い、オストワルト・アレニウスと並ぶ「物理化学」の建設者の一人でもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ファントホフの関連キーワードハンス・カール・アウグスト・シモン・フォン オイラー・ケルピンプフェッファー正四面体構造希薄溶液光学異性立体配置理想溶液ウュルツベルリンケクレ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android