コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィスカル・ポリシー fiscal policy

世界大百科事典 第2版の解説

フィスカル・ポリシー【fiscal policy】

インフレーション,失業,対外収支などの経済問題が生じたときに,財政活動の水準の調整によって対処する政策。財政政策ともいう。財政活動は経済全体の活動規模や物価動向などのマクロの経済変量と密接に関連している。このことは,資本主義経済が1930年代の大不況を経験し,ケインズ経済学の登場以来大きく認識されるようになってきた。この時期を契機に,市場機構のみにまかせておいてはもはや完全雇用が維持できない事態が到来したのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフィスカル・ポリシーの言及

【安定化政策】より

…1930年代以前には,この種の発想法がとられることはなく,いわば経済変動は不可避と考えられてきたが,ケインズの《一般理論》(1936)以来,安定化政策が経済政策のなかで重要な地位を占めると考えられるに至った。 安定化政策の手段としては,財政と金融が用いられることが多く,とくに財政を通ずる安定化政策をフィスカル・ポリシーということがある。安定化政策を広くとるときには,政府がその裁量にもとづいてとる政策(たとえば減税とか公定歩合操作)と経済システムに組み込まれている安定化要因を活用することをも含んでいる。…

【ケインズ政策】より

…ケインズ理論において有効性をもつとされているマクロ経済政策をいう。最も典型的には,ケインズ政策とはフィスカル・ポリシーを裁量的に行う政策を指す。すなわち,ケインズ理論においては,極端な場合,貨幣需要の利子弾力性が無限大,あるいは投資需要の利子非弾力性が想定されることがあり,このときには金融政策は経済活動に対して無力となり,財政政策によって初めて有効需要がコントロールできることとなる。…

【国債】より

…この場合には,公経済が赤字予算を組み国債を財源として租税収入以上に歳出を拡大して失業を救済したり,あるいは黒字予算を組み国債を償還して租税収入以下に歳出を削減してインフレを抑制することが必要な措置となる。ケインズはこうした役割を国家財政に期待し,その場合の財政政策をとくにフィスカル・ポリシーと呼んだ。 フィスカル・ポリシーは,第2次大戦後,現代国家の財政運営の主要原理となった。…

【財政学】より

…スミスからリカードを経てJ.S.ミルにいたると,自由主義財政思想にもかなりの変化がみられ,経費の生産性を限定づきながら認めたり,ある程度の累進税も認めるようになった。
【フィスカル・ポリシーの理論】
 1930年代に資本主義諸国全般を襲った大不況は,大量失業と企業倒産をもたらすとともに,各国とも赤字予算を余儀なくされた。これにより古典派経済学と財政学の権威は失墜した。…

※「フィスカル・ポリシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone