コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッショントラック法 フィッショントラックほう fission track method

3件 の用語解説(フィッショントラック法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィッショントラック法
フィッショントラックほう
fission track method

年代測定法の一つ。天然または人工の鉱物には必ず微量のウラン 238が存在する。ウラン 238は,自然に核分裂を起し,その核分裂片の通過した跡が飛跡として記録される。この飛跡は非常に安定で,常温では保存することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フィッショントラック法【フィッショントラックほう】

絶対年代測定法の一種。鉱物中で核分裂(フィッション)が起こり荷電粒子が発生するとき,その粒子が通過した鉱物内部に長さ約10μm,幅0.001μmほどの飛跡(トラック)がつくられる。
→関連項目年代測定法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フィッショントラックほう【フィッショントラック法 fission track dating method】

ウランの放射性同位体238Uの自発核分裂(崩壊定数λsf=7~8×10-17/年)で生じる飛跡(フィッショントラック)の数を顕微鏡下で計数し,Uの量との関係から年代を求める方法。数万年前から数億年前の年代測定に有効。単位面積中の飛跡の数ρsは単位体積試料中の238Uの初期の量と年代t0に比例する。全飛跡のうち計数される飛跡の割合(計数効率)を238αとすると,ρs=(λsft0)・238U・238αとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィッショントラック法の関連キーワード自発核分裂放射性炭素核分裂性核種アクチノウランウラン鉛法人工放射性同位体天然放射性同位体放射性同位核非放射性同位体放射性同位体標識化合物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone