コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わんbay

翻訳|bay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


わん
bay

(1) 海が内陸側に入込んだ部分。形状,大きさは多様。成因的には河谷部が沈水したもの,氷食によるもの,火山爆発によるもの (伊豆大島の波浮港) ,構造的なもの (駿河湾) などがある。 (2) 国際法では,湾入面積湾口を横切って引かれた線を直径とした半円の面積以上のものをもち,湾口の幅が,24カイリ以下のものとしている。この条件を満たした湾の内側の水域は内水とされる。 (→歴史的湾 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わん【湾】

海が陸地に大きく入り込んでいる海面

わん【湾〔灣〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ワン(漢)
海が陸地に入り込んでいる所。「湾口・湾内/峡湾港湾
(「」の代用字)弓なりに曲がる。「湾曲湾入
[名のり]みずくま

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わん【湾 bay】

湾は海岸線が陸に深く湾入した部分で,湾口部に引いた直線を直径とする半円を想定し,その半円の面積より広い水域を有するものをいう。ただし半円の面積より狭いものでも古くから湾と呼ばれていた場合は湾として扱う。大きな湾を海湾gulf,小さい湾を入江(または浦)coveというが,厳密な区別はない。湾口に比して奥行きが小さいものを開湾bight,奥行きが長く外洋水の影響が少ないものを内湾という。氷河で形成された峡湾(フィヨルドfijord),構造運動でできた陥没湾,河谷の沈水でできた沈水湾などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のたれ【湾】

刀剣の刃文はもんの一。大波がゆったりとうねるような曲線のもの。のたれ刃。のたれ焼き刃。

わん【湾】

海面が陸地に入り込み、外海に向かって開いている所。 「東京-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


わん
bay

陸地の中に入り込み、外海に開口している海面。湾の面積は、メキシコ湾(アメリカ合衆国南部)、ベンガル湾(インド洋)、ハドソン湾(カナダ北東部)のようにきわめて広大なものから、日本列島あるいはその属島にある湾のようにきわめて小規模なものまで存在する。外洋から陸地に入り込んでいるので、小規模なものは、とくにその中は波が静かで、港湾や風待の港として発達している所が多い。その成因によって、陥没湾、階段湾、氾濫(はんらん)湾に分けられる。ベンガル湾、アデン湾(アラビア半島南端)、鹿児島湾、内浦(うちうら)湾(北海道)などは陥没湾の好例で、アラスカ湾(アメリカ合衆国)は階段湾、黄海や有明(ありあけ)海は氾濫湾の例である。[市川正巳]

国際法上

湾とは、その海岸が同一の国の領土に属し、湾の入口の幅が比較的狭く、かつ海の陸地への入り込みが深い海の部分をいう。従来、一国の領域となる湾は、入口の幅が10海里までの湾とされてきた。しかし領海の幅が拡大される傾向を反映して、現在の海洋法条約では、湾口の幅を24海里までとし、かつ湾の奥行が湾口の幅と比較して十分に深いために陸地に囲まれた水域を含んで、単純な海岸のくぼみ以上の明白な湾入としている。そして湾入の面積が、湾口を横切って引かれた線を直径とした半円の面積以上の広さをもつものとしている。入口の幅が24海里を超えないときには、入口に閉鎖線を引いて、その内側の水域を内水とする。また幅が24海里を超えるときには、湾内で24海里に狭まるところで、かつ湾内に最大の水域を囲むように閉鎖線を引き、その内側水域を内水とする。なおこれらの規制は、歴史的湾に適用されない。[中村 洸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湾の関連キーワード脊柱湾曲・脊柱彎曲・脊柱弯曲チンチョウ(欽州)湾カンペチェ湾油田群コリンシアコス湾カンタレル油田プレンティー湾トンキン湾エイラト湾ペルシア湾オマーン湾アラビア湾ウィスラ湖ビスケー湾タジューラビアフラ湾オボック気仙沼湾ホンガイハロン湾トミニ湾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湾の関連情報