フリードリヒ・ウィルヘルム(4世)(読み)ふりーどりひうぃるへるむ(英語表記)Friedrich Wilhelm

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム(4世)
ふりーどりひうぃるへるむ
Friedrich Wilhelm
(1795―1861)

プロイセン国王(在位1840~61)。当初は学芸を愛好する進歩的人物として知られ、優柔不断で政治的指導力のない父フリードリヒ・ウィルヘルム3世に不満を募らせていた自由主義者たちの期待を担って即位したが、実際には中世の封建的キリスト教国家の復活を夢想する反動的ロマン主義者であった。1848年ベルリンに三月革命が起こるや、一時譲歩したが、同年末には憲法を欽定(きんてい)して、社会主義勢力の台頭を恐れるブルジョア自由主義者を懐柔し、他方、ドイツ統一を目ざして開設されたフランクフルト国民議会が提供したドイツ皇帝の地位を拒絶して同議会を解散へと追い込んだ。晩年に精神に異常をきたし、58年から弟ウィルヘルム(後のウィルヘルム1世)が摂政(せっしょう)となった。[良知 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android