フロッタージュ(英語表記)frottage

翻訳|frottage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロッタージュ
frottage

絵画技法用語。木の葉や古い板石などに薄い紙を当てて鉛筆またはクレヨンで軽くこすり,葉脈木目を浮き出させる絵画表現の手法。ときに不思議な神秘的な世界のパターンが表現できるので,シュルレアリストたちによってしばしば用いられた。特にこの手法による M.エルンストの作品は知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フロッタージュ

絵画技法の一つ。元来はフランス語で〈摩擦〉の意味で,木片や葉などに紙をあて,鉛筆や木炭などでこすって写し出される偶然的な図柄や効果を応用したもの。エルンストが1925年に初めて試み,以後意識下の世界を表現するオートマティスム自動記述)の手法としてシュルレアリストが好んで用いた。
→関連項目シュルレアリスムダダ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フロッタージュ【frottage[フランス]】

〈こすり絵,摩擦画〉の意味で,物体の粗い表面に紙などをあてて,鉛筆や筆でこする手法,あるいは作品。子どもの遊びや石拓,魚拓などに古くから用いられているが,この手法に積極的な表現の意味を与えたのは,シュルレアリスム時代のM.エルンストである。彼はある雨の日,ホテルで床板を見ていて,その木目がいらだたしさを伴った幻覚を与えるのに耐えきれず,その上に紙をあてて黒鉛でこすってデッサンを作り,幻覚をしずめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フロッタージュ【frottage】

〔こすること、の意〕
シュールレアリスム独特の技法の一。粗目の布・岩・木などに紙をおき、鉛筆や木炭などでこすり、一種の拓本をとって絵画的効果を出す方法。エルンストの創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロッタージュ
ふろったーじゅ
frottageフランス語

「こすること」を意味するが、1925年にマックス・エルンストによって発見、創始され、彼を中心にシュルレアリストの愛好する技法として使われた。エルンストは種々のものに紙を当ててこすって得られたデッサン集『博物誌』『百頭女』などを制作したほか、この技法を絵画にも応用した。以後、現代美術の基本的な技法の一つとみなされ、また第二次世界大戦後にはこれから派生したグラッタージュgrattage(ひっかくこと)の技法などをも生んでいる。[千葉成夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフロッタージュの言及

【エルンスト】より

…22年パリへ移住し,詩人エリュアールとの共編《不死者の不幸》を出版。25年,目の粗い物体の表面に紙をあて,鉛筆などでこすって視像をえる〈フロッタージュ(摩擦画)〉の技法を発見。この技法は〈精神的な諸能力の刺激感応性を強化する〉幻覚の定着方法といわれるが,これにもとづく作品集《博物誌》を翌年刊行した。…

【拓版】より

…ヨーロッパでも中世末から教会内の碑銘や墓碑銘を写し取るのに用いられた。現代ではM.エルンストが作品集《博物誌》にこの技法を用い,以後フロッタージュの名称で現代絵画の一造形技法となっている。【坂本 満】。…

【モノタイプ】より

…とくに現代では版画というよりも造形的表現手段の一つとなっている。 1点制作という点で,モノタイプを広義にとらえれば,H.セーヘルスの,1点ずつ版や色を変えた色刷版画や,シュルレアリストの用いたフロッタージュデカルコマニー,あるいは版画に網,布片,紐などを置いて,それを台材に写し取らせる方法(例えば恩地孝四郎の作品)や墨流しもモノタイプといえる。【坂本 満】。…

※「フロッタージュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フロッタージュの関連情報