ブラインド(英語表記)blind

翻訳|blind

百科事典マイペディアの解説

ブラインド

ひよけ,よろい戸。日光の直射防止が目的で建築物の開口部に設けるおおいをいう。傾斜を自由にできるベネチアン・ブラインド,布製の巻上げ式等がある。
→関連項目建具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

ブラインド

窓の内側に付けられる窓のための覆いの事。一般的には、金属やプラスチックの細長い帯状の板を糸で繋いであり、棒や紐で帯の角度を調節できる。不必要な場合は巻き上げることが出来るものも多い。木製、布製のものもある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラインド【blind】

建築開口部の日よけ,調光,目隠しなどのための建具,造作。古くからのものでは,葭簀(よしず),すだれ明り障子,格子,鎧(よろい)戸,ベネチアン(ベネシャン)・ブラインドVenetian blindなどがあり,近代になると,スプリングを利用して巻き上げるローラー・シェードroller shade,ベネチアン・ブラインドを二重ガラスの間にはさんだものなど,さまざまな新形式が考案されている。このような撤去・移動の可能なものではなく,恒久的に建築本体に組みこんだ日よけ装置のほうは,ブリーズ・ソレイユbrise‐soleil(建築家ル・コルビュジエの命名)と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブラインド【blind】

「盲目の」「目の見えない」また「見ない」などの意を表す。
何かにさえぎられて見ることができないこと。また、その範囲。
おおい隠すもの。見えなくさせるもの。
日除けや目隠しのために、窓などに設けるおおい。多く、羽板でできたものをいう。よろい戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ブラインド【blind】

日よけ・目隠しなどの目的で、窓や出入り口に取り付けるおおい。ふつう、ベネチアンブラインドをいう。ベネチアンブラインドは、金属やプラスチックの薄く横に細長い板を、板の幅より少し狭いくらいの間隔で重ねるように何枚も紐(ひも)でつなぎ、上から吊るして用いるもので、板の角度を変えて明るさを調節でき、使わないときは板をぴったり重ねて窓の上部に引き上げておく。そのほか、縦に細長い短冊状の布を並べて紐でつなぎ、上から吊るして用いるバーチカルブラインド、一枚布の幕を上から吊るし、巻き上げたり下ろしたりして用いるロールブラインドなどがある。◇「目の見えない、盲目の」という意。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ブラインド

〘名〙 (blind) 日よけ、目隠しなどのために窓に設けるおおい。また、目が見えなくなること。見えなくすること。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「恋愛する事は、穢(きたな)くないまでも慥に盲昧(ブラインド)です」
※大道無門(1926)〈里見弴〉隠家「窓布(ブラインド)をおろした左の窓際に、綾を織って射込まれる外の光をよけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブラインドの関連情報