鎧戸(読み)ヨロイド

デジタル大辞泉の解説

よろい‐ど〔よろひ‐〕【×鎧戸】

小幅の横板を傾斜をもたせて並べた鎧板を取り付けてある戸。錣戸(しころど)。がらり戸。
シャッター1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎧戸【よろいど】

がらり戸とも。間隔をおいて横板を掛け重ねた戸のこと。アルミニウム,プラスチック等も使用される。日光の直射を防ぎ,通風,換気を目的とする。また細長い鉄板を羽重ねに連結した巻上げ式の戸をいう場合もある。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

よろいど【鎧戸】

鎧板と呼ばれる横に細長い板を、一定の傾斜をつけて何枚も平行に取り付けた戸。日よけ・目隠しとなり、同時に通風・換気ができる。特に、雨戸など屋外に面して取り付けたものをいうことが多い。◇「がらり戸」ともいう。⇒ルーバー扉
➁シャッター。⇒シャッター

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よろい‐ど よろひ‥【鎧戸】

〘名〙
① 鎧板をとりつけた戸。がらり戸。
※太政官(1915)〈上司小剣〉三「硝子戸も鎧戸も開けて見ると、外は朧の月夜であった」
② 金属製の巻き上げ式扉。シャッター。
※秘密(1955)〈安岡章太郎〉「建ち並んだビルディングはどれもこれも鎧戸をすっかり下ろしてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鎧戸の言及

【ブラインド】より

…建築開口部の日よけ,調光,目隠しなどのための建具,造作。古くからのものでは,葭簀(よしず),すだれ,明り障子,格子,鎧(よろい)戸,ベネチアン(ベネシャン)・ブラインドVenetian blindなどがあり,近代になると,スプリングを利用して巻き上げるローラー・シェードroller shade,ベネチアン・ブラインドを二重ガラスの間にはさんだものなど,さまざまな新形式が考案されている。このような撤去・移動の可能なものではなく,恒久的に建築本体に組みこんだ日よけ装置のほうは,ブリーズ・ソレイユbrise‐soleil(建築家ル・コルビュジエの命名)と呼んでいる。…

【ルーバー】より

…窓や軒先に設けて,外気をとり入れ,日光や雨水を防ぐために用いる。鎧(よろい)戸も一種のルーバーである。近代建築においても盛んに用いられ,垂直方向に板を並べたもの,板の角度を調節できるものなどが考案され,一般の開口部にも応用されている。…

※「鎧戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android