コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブント ブントWundt, Wilhelm

7件 の用語解説(ブントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブント
ブント
Wundt, Wilhelm

[生]1832.8.16. バーデンマンハイム近郊ネッカラウ
[没]1920.8.31. ライプチヒ近郊グロースボーテン
ドイツの心理学者,哲学者。ハイデルベルク大学チューリヒ大学教授を経て,ライプチヒ大学教授。ベルリン大学時代には J.P.ミュラーハイデルベルク大学時代には W.ヘルムホルツのもとで生理学を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブント
ブント
Bund

ロシア,ポーランドリトアニア (リトワ) におけるユダヤ人社会主義政党。「ユダヤ社会主義労働党」の通称で,ドイツ語で「同盟」を意味する。 1897年ウィルノ (ビリニュス) に非合法政党として創設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブント
ブント

日本の新左翼党派の一つ。正称は共産主義者同盟ブントはドイツ語名コミュニスティッシャー・ブント Kommunistischer Bundの略。1955年,日本共産党が武装闘争放棄を宣言すると,傘下の全日本学生自治会総連合(全学連)は,党指導部の方針に不満をもつ主流派と,指導部に従う反主流派に分かれて激しく対立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブント(Wundt)

(Wilhelm ~)[1832~1920]ドイツの心理学者・哲学者。世界初の心理学実験室をつくり、実験心理学を創始。現代心理学の祖の一人。著「生理学的心理学綱要」「民族心理学」など。
(Max ~)[1879~1963]ドイツの哲学者。の子。ドイツ観念論ギリシャ哲学の研究に努め、著「形而上学者としてのカント」は、ドイツ形而上学に新局面を開いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブント

ドイツの心理学者,哲学者。チューリヒ大学,ライプチヒ大学教授。《生理学的心理学綱要》(1873年―1974年)により実験心理学を確立,ライプチヒ大学に世界最初の心理学実験室を設立した。
→関連項目ジェームズ心理学精神科学ティチナー松本亦太郎ミュンスターバーグ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブント【Wilhelm Max Wundt】

1832‐1920
ドイツの心理学者,哲学者。実験心理学の創始者であり,近代心理学は彼とともに始まったとされる。最初は医学を志し,チュービンゲン,ハイデルベルク,ベルリンの各大学に学んだ。1857‐64年ハイデルベルク大学生理学私講師,65‐74年同員外教授。74年チューリヒ大学哲学教授。75年以降ライプチヒ大学教授。ハイデルベルクの私講師のころ,ヘルムホルツの下で生理学の助手を務めたが,関心は感覚生理学からしだいに心理学に移っていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブント【Wilhelm Wundt】

1832~1920) ドイツの心理学者・哲学者。世界最初の心理学実験室をつくり、実験科学としての心理学の基礎を確立。心理学の目的は複雑な意識過程を要素に分析して、その結合を明らかにすることと考えた。著「生理学的心理学要綱」「民族心理学」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のブントの言及

【学生運動】より

…学生党員は何の反省もなくすぐに平和路線に方針転換する党指導部への不信から虚脱状態になり,運動は急速に沈滞,各大学自治会の解体などがつづいた。 六全協による方向転換後,全学連などの学生運動を日常要求路線,身の回り主義へと指導しようとした共産党に対する反発は,全学連の共産党からの決別と,ブント(共産主義者同盟)の誕生(1958.12)をもたらすこととなった。ブントは59年6月の第14回大会で,日本トロツキスト連盟の改組によって生まれた革共同(革命的共産主義者同盟)から全学連の主導権を奪い,60年安保闘争(〈日米安全保障条約〉の項目を参照)で主導権を発揮した。…

【実験心理学】より

…心理学の発達とともにその意味する内容は複雑多岐にわかれ一定していないが,狭義には厳密な実験的方法によって正常な成人の感覚,知覚,記憶,学習,思考,感情などにおける一般的傾向に関して,個人的行動と言語報告からえられた事実のみによって構成された心理学を意味する。このような態度はフェヒナーの《精神物理学要論》(1860)に端を発しているが(精神物理学),ブントが形を整えた。彼はライプチヒ大学に世界最初の正式な心理学実験室を開設し(1879),この用語を使用した。…

【心理学】より

…この要素主義的精神観はデモクリトス=エピクロス的原子論の系統を引いている。連合心理学の要素主義と,精神内容を研究対象とする点は,1879年世界で初めて心理学実験室をつくったW.M.ブントに引き継がれた。ブントによれば,直接経験としての感覚,意志,感情などの要素を内観法によって把握し,それらの要素が構成されたものとして精神を研究するのが心理学であった。…

【心理学主義】より

…心理主義ともいう。J.S.ミルやブント,T.リップスらがその代表者。この立場は,普遍妥当的な真理や価値の存在を否定して,相対主義に陥るため,新カント学派や現象学派(とくにフッサール)によって厳しく批判され,20世紀初頭に急速にその影響力を失った。…

【知覚】より

…しかし色彩知覚や運動知覚のように対象とは独立に起こる知覚もあり,感覚との区別はあいまいである。 W.ブントやE.B.ティチナーなど構成心理学の人々は,要素的な純粋感覚を仮定し,その総和と,それと連合した心像(以前に経験した感覚の痕跡)を加えたものが知覚であると考えた。しかしM.ウェルトハイマーやW.ケーラーなどゲシュタルト心理学の人々は,知覚を要素的な感覚に分けることは不可能で,むしろ直接的に意識にのぼるのはつねに,あるまとまった知覚であると考えた。…

※「ブント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブントの関連キーワード雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎ロマンティック・バレエポワント長瀬産業大鳥圭介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブントの関連情報