コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシェ ブーシェ Boucher, François

6件 の用語解説(ブーシェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーシェ
ブーシェ
Boucher, François

[生]1703.9.29. パリ
[没]1770.5.30. パリ
フランスの画家,版画家。 F.ルモアーヌに師事し,A.ワトー,P.ルーベンスの作品を研究。 1723年王立アカデミーローマ大賞を獲得。 27~31年イタリアを旅行し,G.ティエポロおよび P.ベロネーゼの影響を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブーシェ(François Boucher)

[1703~1770]フランスの画家。明るく甘美な色彩で神話画や風俗画を描き、ロココ絵画を代表する一人となった。タペストリーの下絵、舞台装飾などでも活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブーシェ

フランス・ロココの代表的画家。パリ生れ。ポンパドゥール夫人の庇護(ひご)を受け,宮廷の筆頭画家の要職につく。ワトーの影響を受け,華美な宮廷風俗や神話の主題を装飾性をまじえて描いた。
→関連項目フラゴナールミニャールロココ美術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブーシェ【François Boucher】

1703‐70
フランス・ロココの画家。パリ生れ。父は装飾画工,版画商。ルモアーヌF.Lemoyneに学び,ワトーの絵の彫版,挿絵制作で生計を立てる。1724年ローマ賞を得て27‐31年イタリアに留学し,ギリシアローマ神話に親しみ,光と色彩の感覚を学ぶ。35年よりベルサイユ宮殿の〈王妃の間〉の装飾を手がける。その前年《ルノーとアルミダ》でアカデミーに入り,37年にはアカデミー教授,55‐65年ゴブラン制作所所長,65年王の首席画家となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブーシェ【François Boucher】

1703~1770) フランスの画家。ロココ絵画の代表者。神話画や風俗画を描いた。タペストリーの下絵も多く制作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーシェ
ぶーしぇ
Franois Boucher
(1703―1770)

フランスの画家。パリに生まれ、同地に没。画家の父に絵の手ほどきを受け、のちにルイ15世の首席画家となるフランソア・ルモワーヌに師事する。1723年ローマ賞を獲得。27年から31年までイタリア滞在、装飾画家ティエポロの影響を受ける。帰国後の34年『ルノーとアルミード』(ルーブル美術館)によってアカデミー会員に迎えられた。彼は、ワトーを受け継ぎフラゴナールに継承されていくフランス・ロココ美術の代表者で、王朝趣味の甘美で華麗な壁面装飾を得意とした。神話画、寓意(ぐうい)画、肖像画のほか、田園風景画や風俗画も描き、タペストリーや陶器の図柄、演劇や歌劇の舞台装飾も手がけている。また、傾倒していたワトーの素描をもとに模刻版画集も出版している。当時流行した中国趣味(シノワズリー)の第一人者としても名高い。ルイ15世の寵姫(ちょうき)ポンパドゥール夫人の庇護(ひご)を受けて全盛を極め、65年には国王の首席画家となり、同時にアカデミーの会長に就任した。同時代の評論家ディドロは、ブーシェの色彩と構図と対象の豊麗さに感嘆しながらも、そこに真実の追求がないことを批判している。代表作には、スービーズ邸の壁画をはじめ、『ビーナスの凱旋(がいせん)』(1733・ストックホルム美術館)、『オダリスク』(1743・ルーブル美術館)、『ポンパドゥール夫人』(1758・ロンドン、ウォーレス・コレクション)などがある。[染谷 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブーシェの言及

【パイ】より

…なお,ブリゼ生地は水が入るため粘りがあり焼き上がりがくずれにくいので,水気の多い果物を詰めて焼く場合に向いており,シュクレ生地はもろく崩れやすいので,まず生地だけを先に焼いてから後で詰物をする場合に適する。
[パイ料理]
 折込みパイ生地を使う料理ではブーシェbouchéeやアリュメットallumetteが,オードブルによく用いられる。ブーシェは生地を直径5cmの円形に抜き,うち半数はさらに少し小さい丸型で抜いてリング状にし,溶卵を塗ってこの両者を重ねて焼いてケースをつくり,中に煮込物やあえ物を詰める。…

【風俗画】より

…フランスではロココ様式のフェート・ギャラント(雅宴画)の最盛期であった。ワトー,ランクレ,ブーシェは貴族の園遊会,あいびき,貴婦人と朝の化粧などをテーマに,上流階級の風俗のよき記録者となった。他方,シャルダンは《市場帰り》(1739)などで,ロココの貴族的な風俗画に背を向け,中産階級の地味な生活感情を謳歌した。…

※「ブーシェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブーシェの関連キーワードアルトゥングイルドフランスクルーエグレーズブーエペイネロココぶらんこの絶好のチャンス山田キクマラッタ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブーシェの関連情報