ブーランジェ鉱(読み)ぶーらんじぇこう(英語表記)boulangerite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーランジェ鉱
ぶーらんじぇこう
boulangerite

鉛(Pb)とアンチモン(Sb)の硫塩鉱物の一つ。本鉱(晶系:斜方(直方)、理想式:Pb5Sb4S11)には直方相と多型関係にある単斜相があり、これら以外に非常に類似した別種ファルクマン鉱falkmanite(晶系:単斜(直方)、化学式Pb5+xSb4-2/3xS11)がある。自形はc軸方向に伸びた長柱状あるいは針~毛状。このようなものが莚(むしろ)状の集合をなすこともある。

 接触交代鉱床(スカルン型鉱床)型あるいは深成熱水鉱脈型亜鉛・鉛あるいは銅・亜鉛・鉛鉱床に産する。日本では埼玉県秩父(ちちぶ)市秩父鉱山や大分県豊後大野(ぶんごおおの)市尾平(おびら)鉱山(閉山)のものが有名であるが、顕微鏡的なものは方鉛鉱の包有物として広く産する。共存鉱物は方鉛鉱、閃亜鉛鉱(せんあえんこう)、黄銅鉱、黄鉄鉱、硫砒(りゅうひ)鉄鉱、方解石、菱鉄鉱(りょうてっこう)、石英など。一般にPb-Sb-S系の硫塩鉱物は銀があるとこれを主成分とした別種の硫塩鉱物が生成されるため、本鉱と銀鉱物との直接共存例は少ないとされる。毛鉱はほとんど同じ外観、鉛灰色金属光沢をもつことがあるため、識別は困難である。また前述のファルクマン鉱などは肉眼ではまったく区別できないとされる。命名はフランスの鉱山技師シャルル・ルイ・ブーランジェCharles Louis Boulanger(1810―1849)にちなむ。

[加藤 昭 2018年7月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android