コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラグマティズム法学 プラグマティズムほうがく pragmatic jurisprudence

3件 の用語解説(プラグマティズム法学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラグマティズム法学
プラグマティズムほうがく
pragmatic jurisprudence

プラグマティズム哲学を法思想の共通の基礎としている法学。法思想史的にはイギリス功利主義法学の系列に属する。 O.ホームズに始り,B.カードーゾを経て,R.パウンドによって体系化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プラグマティズム法学【プラグマティズムほうがく】

法は社会統制ないし社会改革の技術(社会工学)であるとする実践主義・経験主義の法学。法の目的は,社会における人びとの多くの期待を最大限に実現するために,人間の諸関係・諸利害を調整することにあるとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プラグマティズムほうがく【プラグマティズム法学 pragmatic jurisprudence】

W.ジェームズ,J.デューイなどを代表とするアメリカプラグマティズムの哲学を法学に適用する立場で,O.W.ホームズR.パウンド,B.N.カードーゾらにより展開された。真理の基準を実践的効用におくプラグマティズム哲学を法の考察に導入し,法を社会的諸目的の相互調節のための実用的な技術と考えて,法の解釈・適用において論理は結論を導く多くの要因の一つにすぎないとした。この立場はホームズ,K.N.ルウェリン,J.N.フランクなどのリアリズム法学の先駆と考えられ,またパウンドによる社会学的法学の展開を導くなどアメリカにおける法学の発展の基礎となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラグマティズム法学の関連キーワード機能心理学ジェームズ島ジェームズランゲ説ジェームズKポークジェームズロス島ジェームズ,J.ジェームズ[5世]ジェームズ[6世]ジェームズ[7世]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone